☆ 最新情報 ☆

2013年04月29日 16時 更新
◇GWです!

昨日、埼玉から帰ってきたばかりのJやん、アヤネスがバンドリハに参加してくれました。久々に賑やかな練習になりました。「たこや」でのビールも又、久しぶりで美味しかった!

夜からはライブ参戦第一弾「三井はんと大村はん」@あべのロック食堂!!
ほぼ満席で三井さんもノリノリで最高に楽しいライブでした〜笑い過ぎました。ザビエルさんのギターも素晴らしかったです。

さあ、今夜はゴトウゆうぞう、森せんせいとユメミノルさんのライブです〜あのジャマイカのパーカス&ボーカルのゴトウゆうぞうさん、そしてベースの「森扇背」はカジャ&JAMIN、大西ユカリさんとかのメンバーで僕とは同級生、ドラムの福原稔さんは初代桜川唯丸師匠のもとでの和太鼓や、ダウンタウンブギウギバンド
などで活躍されています。このリズム・セクションは森福アタッシュケースとしても活動されていて、ウタバンには最高なお二人です〜楽しみです!!

2013年04月09日 22時 更新
◇あべのロック食堂、10周年キネンライブ終わりました!

20134月7日 とにかく記憶に残る1日となりました。
何から書けば良いのかわからないくらい、この日はキューズモールのロックタウンにて、午前10時からの12時間が夢を見ているがごとく一瞬のうちに過ぎてしまったように思います。
ギターの嶋田さんが泣いていました。
憧れのまさじさん、ディランセカンドの御二人と同じステージで演奏出来たことに感極まり、涙が込み上げてきたということです。僕も嬉しかったけれど、店主のバンドの本番前であったため客席で見れなかったのが非常に残念でした。
でも、リハーサルはバッチリ見せてもらったし、それも貴重な経験ができたと思います。

この地で生まれて育った僕なので、ロック食堂の記念すべきイベントに参加できて本当に嬉しく思います。

そらぁ、ここで「天王寺想い出通り」は泣いてしまうやろ!

2013年03月27日 08時 更新
◇朝、起きたら

iPhoneに多数のメッセージが入っていてビックリしました!
53回めのBirthdayです。
誕生日は別に感動など無いけれど、温かいメッセージはホントに嬉しいです。
感謝しています!

4月7日、ロックタウン〜出番が早いので後半は本当に楽しみデスね。

関東から、龍麿トリオで上原ユカリさんも来られます。とにかく楽しみなイベントです。宜しくお願い致します!

2013年03月25日 01時 更新
◇ザ・あべのロック食堂10周年!

地元、あべのキューズモールにあるロックタウンにて開催されるライブ『ザ・あべのロック食堂10周年記念ライブ』     4月7日という事は後2週間後に迫ってマイリマシタ!
とにかく、凄いメンバーで感無量の一日になることでしょう。
ローレルバンドはメインステージで15時くらいが出番となります。
宜しくお願い致します!

2013年03月07日 23時 更新
◇2013 33 ロック食堂ライブ

サプライズな出来事が起こりました!
ザンクロのギタリスト、小泉さんが来てくれていて、風酔の水島さんの要望に応えてくれて飛び入り参加してくださいました。なんと人前でギターを弾くのは15年ぶりだということ。
コレを機会にカムバックしていただきたいものです。
ライブはおかげ様で大盛況〜有難う御座いました!!

2013年02月23日 00時 更新
◇来週です!

あべのロック食堂、ひな祭りライブ!

風酔さんは素晴らしいのは判っています。

後は僕らが頑張らないと。

皆様、ヨロシクお願いいたします!!

2013年01月21日 21時 更新
◇シロッコという南風

先日、寮生がイタリア研修旅行から帰ってきた時、ローマもミラノも意外と暖かかいどころかとても暑かったと言っていたのです。緯度から比べても日本より寒いはずなのに、どうしてなのかと疑問に感じていました。

答えといえるかどうかははっきりしませんが、サハラ砂漠から吹く熱く乾いた風が地中海の上空で湿潤な温風にかわりイタリアやスペインを温暖にするということです。

その風はシロッコと呼ばれているのです。

そして、ローレルバンドの新しい曲の題名がこの「シロッコ」なのです。

大自然に対する感謝の気持ちと、一昨年の大震災であらためて感じたその脅威。

もしサハラ砂漠が無くてそこが森林であったなら、南ヨーロッパの繁栄がはたしてあったのであろうか?

僕だけでしょう、こんなこと考えているややこしいヤツは。

新曲、乞うご期待!!

2013年01月01日 13時 更新
◇新しい年!

皆さん、本年も宜しくお願い致します!

ローレルバンドのメンバー、昨年は訃報が度々ありました。年齢的なこともありますが悲しい別れです、お祝いの言葉もひかえたいです。

また、次のライブに向けて頑張りたいと思います。

皆さん、今年は良い年になりますように!

そして、「ローレルバンド」宜しくお願い致します!

2013,1,1

2012年12月29日 00時 更新
◇大晦日は’

ロック食堂でカウントダウンライブです。
今年、3度ローレルバンドとして出演させてもらった『ザ、阿倍野ロック食堂』にて今年の唄い納めというわけです。
そして、2013年の初唄いとなるかもです。

新曲も近々メンバーに披露出来るかも知れません。このように書くことによって意外と早くなるかもです。

大晦日はソロです〜大丈夫だと思います!

2012年12月22日 23時 更新
◇Takamine

やっぱりSSWはアコギも弾いとかんとあきません。エレキとの違いは抑揚のつけ方が全く違うから、唄の歌詞がより伝わりますね。

慣れ浸しんだタカミネがあるので、弾き語りも、もう一度始めようかな。勲君にリペア頼もうか。

2012年12月10日 22時 更新
◇今何してる?

こないだまでFBにいくと、必ず『今何してる?』って出てきてたけどね。そのたびに「フェイスブック観てるねん」と突っ込んでたんやけれど、最近では『今何考えてる?』に変わってますよね。僕みたいに突っ込む人が多かったんやろうなぁ。
昨夜は久々のリハーサルでした〜!
やっぱりバンドは良いですね。確かに唄うことが以前より好きになってる自分に気づいて嬉しい今日この頃です〜!

2012年11月21日 20時 更新
◇もうすぐ師走!

なんと来週末には12月ですね〜!!!

そうなると、みんな一斉に師走師走、速い速い、あっという間に正月ですと言い出すに決まっているので一足先に言っておきます。一年経つのがだんだん早く感じる今日この頃です。喪中のお知らせのはがきを沢山いただきました。年々年賀状は減ってきているにも関わらず、この暮れは特に多いのです。僕の場合、両親とも早死だったので少しうらやましい感じもしますけどね。永眠という言葉もいろいろなケースがあるかも知れないですね。

2012年11月11日 12時 更新
◇ロウトラックス3周年記念ライブを終えて

職場の方々が沢山来てくれて嬉しかったです。花束なんかもいただいたりして〜ビックリでした。
藤井さんプロデュースの栗田君。ソロと思いきやトリオバンドで登場。ベースが派手でカッコよく、ドラムも上手かった。栗田君の唄、声質が今風な感じがしました〜秦基?君のようなええ声で、歌詞も好感もてました。

ローレルバンドはいつになくハリキッテしまいバテてしまったけれど、やり遂げた感があり終わった時は爽快でした〜!
初めて聴いてくれた方から「第一声でやられてしまいましたヨ〜!」というお褒めのコメントなどいただき、そのような方も居てはるのかとタイヘン励みになりました。

エリア40はいつもどおりの貫禄のステージでした〜!奥様方もあっけにとられていました。

ほんとに良いハコです。又、出演出来れば嬉しいです!!

2012年11月08日 22時 更新
◇明後日はロウトラックス!

天満橋ロウトラックスでライブです!

「エリア40」と栗田君と一緒です。

ローレルバンドは19時頃の出演予定です。盛況になれば嬉しいのですが、心配です。

大阪のど真ん中にあるライブハウス、「ロウトラックス」は3周年を迎えられます。本当に雰囲気の良いお店で気に入っています。盛り上げていきたいです。

皆さん宜しくです!

2012年10月22日 00時 更新
◇久しぶりに5人でリハ!

Jやんが大阪に来ていたのでリハに参加してくれました。嶋田さんとも旧知の仲でもあり、楽しい時間を過ごせました。
なんかアヤネスも揃ってフルメンバーでのライブも実現できるかも!

でもしばらくは4人ですが。

来週末は土日、連リハ〜たのしみです!

2012年10月10日 23時 更新
◇体育の日のライブ@あべのロック食堂

風酔と一緒に楽しいライブが出来ました!
いろいろ嬉しいことがありました。
BHBとの合体、負傷渡辺さんも弾けたし、嶋田さんのアジのあるギターもええ感じでした。
そんな中で、先日大塚まさじさんのライブで隣に座ったことで知り合った方が観に来られていてなんと「ラグタイムの夜」を録音していたそうで「あれはええよね、まさじさんに聴かせとくよ」と言われました。嬉しいような怖いような緊張感が。。。。。まあ嬉しいことです。

2012年10月07日 02時 更新
◇新しいHP

HPが新装されました!
同時にギタリストの嶋田茂氏が明日のライブから参加してくれることとなりました。
以上が嬉しい話題です〜!
Jやんには前回に引き続きタイヘンお世話になりました。ありがとうございました!

そして悲しいことに、渡辺さんが右手親指を負傷、ライブ当日が心配です。

2012年09月27日 00時 更新
◇秋です〜10月は8日の体育の日に、

あべのロック食堂でライブです。

水島邦夫、セッシートモさんの素晴らしいユニット「風酔」さんと一緒です!

ローレルバンドにはこのライブから新メンバー、ギタリストの
    『嶋田 茂』
氏が参加してくれます。

とても楽しみなライブです!

2012年09月22日 10時 更新
◇明日、オレオニ2012!

和歌山のぶらくり丁での野外コンサートで行われます。
仕事が休めずに、14時17分発の特急くろしおに乗って、駆けつけます。
皆さんにはご迷惑をおかけしますが、お許し下さい!

16時がローレルバンドの出番です。
でも和歌山でのライブは楽しみです!

2012年07月17日 23時 更新
◇オレオニライブ〜2012!!

たしかアナザーで3年連続で開催されたオレオニライブですが、今年は和歌山で開催されます。
というわけでジャマーバンドにお世話になります。
9月23日です。詳細は後日ということで。。。

2012年06月27日 23時 更新
◇7月7日の土曜日、ザ・ロック食堂ライブ!

前回出演させてもらったのが3月3日のひな祭りの夜、そして今回は7月7日の七夕の夜ということです。店主の粋なハカライといいましょうか、こんな素晴らしい週末に出させてもらうことになりました。地元ということでなんとか盛り上げて楽しい夜にしたいと思っています〜宜しくおたの申し上げます。

ローレルバンドライブ@ザ・あべのロック食堂

【日 時】7月7日 土曜日

【開 演】7時30分 会場は6時半です。

【チャージ】1500円

【タイバン】岡本修道バンドwith花井優太(岡本君はタコさんのお弟子さんでスティール奏者でドブロとかも得意な若手。花井君は関東のSSW。でも風太さんや五郎さんにかわいがられている大阪在住の期待の好青年、彼のCDにはなんと鈴木茂氏のコメントが入っている〜〜〜〜!ビックリでした。

久しぶりのライブです。がんばります!

2012年05月26日 21時 更新
◇リトル フィート 2012

ビルボードライブ大阪のフィート行って来ました。

ビルペイン、ケニーグラッドリー、ポールバレル、サムクレイトン、そしてフレッドタケットにドラムの若手?名前は覚えていません。とにかく期待以上に素晴らしいステージでした。真剣に昔の曲も練り直して仕上げなおして挑んでいた感じで満足しました。

デキシーチキンは凝ってるというより、ソロパートまわしの構成で永すぎたかも知れませんが、ウイリンは永くなったけれど新鮮なアレンジでよかったです。マンドリンとエレアコが良かった。

えげつなくオーラ出していたのはやはりビルペインでした。ケニーと共にロゥエル亡きあとのフィートを支えていたのが証明された感じがして感動しました。
聴きたい曲は色々あるのですが、ビルボードでは制限があるので仕方ないです。
アンコールのオーアトランタではフレッドのスライドがロゥエルぽくって良かった。

とにかく観といて良かったです。

2012年04月08日 18時 更新
◇今回で6回目!

Jやんが始めたチャリティーライブです。彼が埼玉に引っ越して1年が過ぎようとしていますが、無類の音楽好きであり仲間を大切にする想いの強い「Jやん」が存在する限り、このライブは続いて行くでしょうし、またそう願います。

僕らが若いころ、中年といえば30代40代の人たちだというイメージがあったものです。ところが今、50をゆうに過ぎてしまいました。はっきりいって初老です。でも演っている僕らは皆全然そんなこと思っても居ません。というか客観的に観れてないのです。ただそれだけなのでしょうが、構いません(笑)

まだまだ唄いたいのです。

今回は、Jやんが11年間続けている『But holiday brothers』が初出演ということもあって楽しみも増えました。

共にJやんをサポートしているつーさん率いる「エリア40」も出ます。

新田イチローさんの「ニッターズ」

たけぞうさん、クマさん、テッセイさんの「ユニット名略」も出ます。

ミズシ〜、セッシートモさんの「風酔」コーナーもございます!

4月の21日(土)です。今回も天満橋「ロウ トラックス」さんにご協力いただきます。 5時10分スタートでチャージ1,000円です。

チャリティーライブといいましても、堅苦しいものではありません。でも小児がんと闘い続けている親子は日本全国に多数おられます。東北の被災者の方たちの苦しみもこの先まだまだ続くことだと思われます。音楽を楽しむことが出来ることは幸せなことだと痛感します。

宜しくお願いします!

2012年03月30日 23時 更新
◇明日はジャマーと

心斎橋クラブジャングルでライブです。

年度末で多忙を極めているかたも多いとは思いますが、宜しくお願い致します!

僕も仕事タイヘンですがなんとかなりました。個人的に練習もしましたし。

ドラムのコバ氏は納期と重なり、エライことだと言っていました。開演時間に間に合うか微妙な感じだそうです。

けっこうこんな感じになるのも多々ありますが、社会人ですから簡単にはいきません。
沢山集まってくれて盛り上がれば嬉しいですが。

2012年03月18日 18時 更新
◇ジャマー バンド 祝30周年!

もうすぐです。ジャマーバンド30周年、それにサードアルバム発売記念ライブ@大阪!

心斎橋クラブジャングル http://www.clubjungle.jp/

【出演】ジャマーバンド ローレルバンド
3月31日(土曜日)
OPEN> 18:00/ START>19:00
ADV> 3000円/DOOR>3000円 ビュッフェスタイルFOOD付1DRINK別

ジャマーバンドは和歌山が生んだ個性に富んだ素晴らしいバンド。

前身のザメッティーチャイルド時代からの知り合いで、もうかれこれ29年の付き合いになります。

昨夜ジャックライオンの八木のぶおさん還暦ライブを観に行き、ジャマーと八木さんのステージに酔いしれてきました。

昨夜はシーガン氏もアミーゴズも最高でした。

アニキに「今度なんかからんでくれますか?」と頼んでみたのですが、「唄聴きたいし、そんなことやめとこうや」と言われました(笑)

ええライブになれば良いですなぁ〜!

2012年03月04日 21時 更新
◇ザ・あべのロック食堂ライブ!

僕の高校と大学の先輩であり、尊敬するSSWの「ドクトルミキ」氏率いる『ディランズチルドレン』とのライブが昨夜、地元にあるとても濃いライブスポットでありますザ・あべのロック食堂にて行われました。

予想をはるかに超える沢山のお客様が来て下さり、感動いたしました。想い出に残るライブになりました。

場所が辻調前ということと、僕が辻調の生徒たちの寮をしているということもあり、その寮生とスタッフの女性だけで13名ほどが応援に来てくれました。
ミュージシャン仲間達や友人とディランズのお客様とで総勢35名を超える大入りすし詰め状態で、僕らの演奏まえで帰らざるをえなくなった方もおられて残念でした。

補助椅子もおけるところすべて並べた感じでトイレにも行けない状態になり、なんとなく
「早く終わらせないとアカンのではないか」
 と気がかりになってしまったチキンハートなボクでした。

今さっき仕事で昨夜観に来て下さった寮母さんに会ったのですが
「アンコールせっかく盛り上がったのになんであそこでやめたの?」
というお言葉をいただきましたが、要するに僕の本編よりドクトルミキさんが日本語で唄った「スタンドバイミー」にえらく感動したのであったと容易に想像がつきました(笑)

それくらい「ディランズチルドレン」は良かったです。SSWのドクトルミキさん、石山雅人さんにベースの中野ネコタローさんのトリオです。
ミキさんの素晴らしさは周知のとおりで、作詞とギターの先生であり唄も上手いし曲も良いプロフェッショナルですし、石山君も泣きながら唄う歌唱法はいやらしさも無くグッときます。このお二人はそれぞれで活動されていますので又機会がありましたらよろしくお願いします。

まあ僕はと言いますと此処までやってきたことですしこの路線で行きたいです。たまに「昔創ってやっていた曲のほうがええで」とか意見されたりもします。それももちろん嫌いでやらなくなったわけでもないのでまた考えようかとも思います。

ただ昨夜、この4月から2年生となり辻製菓にかよう予定の女の子から
「凄く感動しました〜ここで演られるときは絶対観にきます!」
と嬉しいお言葉も頂くことができました。また友達でも誘って来てくれるようになったら有難いことです。がんばります〜!

夕べは遠方からも多数の方が来て下さいました。本当に皆様、ありがとうございました。

次は心斎橋クラブジャングル、3月31日の土曜日です〜詳細は後日詳しくアップしますってライブのMCみたいにへんな日本語になってしもうたです。又次も宜しくお願いします。

2012年02月21日 21時 更新
◇当面の間、ライブはトリオで!

ローレルバンドのライブですが、キーボードのJやんとヴォーカルのアヤネスが共に埼玉からなかなかバンドのリハにも参加しずらいということでして、3人で演っていくことになります。

この先ずーっとというわけではないので、今度全員で演れる日を楽しみにしています!

てなわけで、ローレルトリオの予定です〜!

3月3日(土)あべのロック食堂
        VSディランズチルドレン

3月31日(土)心斎橋クラブジャングル
   ジャマーバンド結成30周年ライブ

4月21日(土)ロウトラックス
  リトルバイリトルチャリティーライブ

続いてあります。ヨロシクお願いします!!

2012年01月15日 14時 更新
◇新作!

先日、何気無くテレビを観ていました。たしかワールドビジネスサテライトのある特集でした。カイコで新しい抗体タンパクを作成する研究がなされていてほぼ実用化に成功しているということでした。

僕達の世代では馴染みの深い『蚕』です。小学校の時に飼育しました。

蚕は家畜です。それもオンリーワンの家畜なのです。どこがオンリーワンなのかと云いますと、あらゆる家畜、豚にしても鶏にしても、自然に放し飼いにすると自然に回帰する本能が働くそうなのです。

ところが蚕というと全くその本能は退化しきっているということです。たとえば野生の桑の木に放しても足が退化していてすぐに地面に落下してしまい一瞬にして鳥などの餌食になってしまいます。そもそも成虫を飛べなく品種改良したのも人間に違いないのでしょうけど。

僕は今日、なんとなくそんな蚕に感動してしまっている自分に気づきました。

蚕が創りだす絹糸が、細く強く美しいからこそ化学繊維業界も日進月歩があったのでしょう。

シルクロードという言葉は思ったより新しくうまれた言葉のようですが、どれほど多くの人が憧れ夢を見て思いを馳せたことでしょう。

『シルク』という映画では最高に美しい糸を吐く蚕を求めて、イタリア人が遠い日本の雪深い山村を訪れてきます。おそらく群馬か長野あたりであったのでしょう。

そんなこんなで今唄にしているのが『飛べない蝶』「飛べない蛾」というのがふさわしいかも知れませんけど(笑)


  〜飛べない蝶〜
         
               BY ローレル H24、1月


どんなに強く羽ばたいても一ミリも飛べない蝶がいる
でもその昔 彼らの祖先たちは 空を高く舞っていたに違いない

飛べなくても確かに羽は
風を起こした 水面に波紋を

幼い子供たちはなぜか夢中に今日も糸を吐く
そしてそれはとても美しい布をつぐむ

彼らを飛べなくしたのは何を隠そう私達で
其の人類になんと彼らは
アダを恩で返そうとしているのです


飛べなくてもいい 動けなくてもいい
おれたちは今日も糸を吐く 

見つけだしたい 探し出したい
人類の未来の理想の姿

飛べなくしてくれた 育ててくれた
人間をけして憎みはしない

与えてくれた生きてる証
僕らは互いに感謝し強く生きていこう


    今宵も女は装う 艶やかに着飾る 
    夢にまで観たシルクを纒う

    明日も男は君が創ってくれた
    ネクタイをしめて戦場に向かう

飛べなくてもいい 動けなくてもいい
おれたちは今日も糸を吐く

大自然の脅威に打ちのめされても
負けない強さを君に観た

2012年01月09日 22時 更新
◇中川五郎という人

中川五郎@あべのロック食堂に行って来ました。
正直良かったです〜感動しました!

天王寺野音からず〜と春一も出ておられて、かの有名な裁判(出版物のワイセツ罪の)で、35年前に募金や署名をした記憶もあります。

途中歌うたいは休んでられましたが、評論や訳詞などで活躍されていて、昨夜もお話されてましたが、就職は経験ないということでした。すなわち音楽一筋ということですね〜それくらいの御方です、当然だと思います。

唄、ギターともにけっして上手ではないのです。しかしながら、歌詞は素晴らしいし表情も最高に良いのです。

意外と人の詩に曲をつけたりしてられるのが多いのですが、本人が気に入った詩で作者の了解のもとであれば全然OKだと思ったなぁ〜リスペクトして唄にして自分で唄いたいという思いは半端じゃないんでしょうし、作品聴けば納得します。

特に印象に残った曲は「2倍遠く離れたら」という曲。
福島の原発事故で、自分や家族の健康を心配するあまりに遠くへ引っ越した人々と、それを批判する地元に残る人たちとのやり取り。それって五郎さんにとっては非常に辛いみたいですね。誰の判断も間違いじゃない、そんな事でいがみ合っている場合じゃ無いんですよっていうメッセージソング、素晴らしいかったな!

まともにお話できたのは初めてでした。楽屋もないロック食堂ならではの楽しみのひとつなんです〜かっこいい60代でしたマジで!!

2012年01月01日 02時 更新
◇謹賀新年 2012,

皆さん、本年もよろしくお願いします!!

地道な活動しか出来ず自分では歯がゆい気がしている毎日ですが、家内には
「充分好きなことやっているやん!」
と一喝されました。

今年もいろんな場所で唄いたいですね〜!!!

2011年12月11日 23時 更新
◇一段落!

砂ばんさんとのライブ@ギャラリー耕も無事終わりました。

年内のローレルバンドのライブも予定終了です。

思えば去年はクリスマスに和歌山ラグタイムに一人で唄いに行かせてもらいました。

あの緊張感はかなりのものでした。でもあの経験はすごく貴重なものでした。多少なりとも唄でもイケるのかと・・・自信じゃないけれど、あの感触は今年に繋がってきたものと思います。

この春、Jやんとアヤネスが埼玉へ行ってしまいました。その送別会の場でコバ氏のドラムス参加が決まったのも、不思議な感じがします。

何をしても中途半端になってしまうダメ人間ですが、ローレルバンドはカタチはどうあれまだまだ進めたいと思います。

『ウタイタイ唄ウタイ』はやめないつもりです。

今年もあとわずかです、ほんま速すぎるわ〜!

2011年11月13日 22時 更新
◇砂バンとライブです!

今大阪で最高に楽しく、笑えるライブパフォーマンスを披露してくれるバンドであります『砂川香織ブルースバンド』と対バンさせていただくことになりました!

【日 時】12月9日(金) 20時開演 

【場 所】 ギャラリー耕  投げ銭

      上新庄駅からですと徒歩15分      ですが、地下鉄瑞光4丁目から      は2分です。

 「砂バン」はフアンが多くて当日も盛り上がることは必至です。

 ローレルバンドは3人で、しかもコバちゃんはカホーンでの参戦となります。とにかく初めての方も多いことでしょうから、ハリキッテ演奏します!!

2011年10月23日 20時 更新
◇VOL5

リトルバイリトルVOL5  @ロウトラックス
昨夜、盛況にて終了しました。

沢山のご来場者の方々、有難う御座いました!!

スタッフとして心良く引き受けて下さった、
マリ姉様、ハマさん、ウエッチさん、カウちゃん、アコちゃん、ほんとに長時間ご苦労様でした。

ロウトラックス、藤井様。

そして出演者様、ご協力感謝いたします。

皆さんの音楽にかける意気込みが、まだまだ衰えない姿に感動いたしました。


 *タケクマてっちゃん

 年季の入った感じのするパフォーマンスでした。単調にならないように随所にキメを入れて、キメの細かいギターテクはクマさん独特ですね〜テッセイ君もベンダーじゃないストラトでプレイは安定していて大好きなギターでした〜素晴らしい!
 タケソンさんは「昔のJやん、白いウナギみたい」がワロタです。

 *風  酔

 ミズシマさんの唄が研ぎ澄まされてきたと感じました。
もともとウマかったのですが、正直言って以前はライブの後半に満腹感が出てきたりしたことがありました。でもこのごろの唄は、2ステージ聴いてもまだ足りないくらいに素晴らしく感動するのです。
 トモさんの唄とピアノも今まで以上に存在感が増してきて、お二人の信頼関係も憎いくらいで、ユニットの醍醐味を感じざるを得ません。

 
 *ニッターズ

 メンバーそれぞれの愉しむ姿に感動しました。
奥様に色気が足りないと言われていたダンさんのドラミング、僕的には十分色気感じますし、ケニーさんのドライブ感満点のアンペグはリックダンゴを超えた感ありでした。キム兄さんのギターは西海岸のスタジオミュージシャンみたいにかっこ良くて、ボトルもさいこうでした!
女性コーラス隊もええ感じですし、J氏のノリノリノリのプレイも観ていて嬉しい限りです。
 世間ではなにかと風当たりのキツイ組長ですが(笑)この新田組に関してはよりハードにロックしている組長が素晴らしいです。僕もあやかりたいです。

 *エリア40

 メンバーが強力!
 日本のトップミュージシャンの集まりかといっても過言ではないかと・・・それとフロントにつーさんですから、言うことなしです。
 トミさんのトーンが絶妙ですね。顔弾きだけがエロいんじゃなくて、指板を押さえる小指に昨日は注目していました〜新たな発見、小指もエロい!!!


 個人的には、25年ぶりに「ローレルの唄を今日は聴きに来たよ」って言ってくれた中田みきさんに会えたことが嬉しかったですね。昔良く観せてもらったタケゾウさん率いるサザンベルマーケットプレイスのボーカルのみきさんです。僕が桃谷ビーハウスで唄った時にみきさんが「カバーよりオリジナルのほうが良いわ」と言ってくれました。それはただ単に人の曲を唄うにはあまりにヘタすぎるということだと気づき、それ以来カバーは人前では唄わないようにしているのです。

 それともう一つは、かつてバーボンハウスでブッキングマネージャーをされていた藤本さんが僕の唄を褒めてくれた事です。
何と言っても幾千のバンドのライブを体感されている方ですので、想像もしていない事で驚きました。

自分で書くのもどうかと思いますが、「とにかく胸に響いた、オンリーワンや君は、みんなに聴かせてあげたい、でなきゃ勿体無いから」などなどです。ベタ褒めでしょ(汗)

 ええ歳したオッサンの夢が、またまたすこし膨らみました(涙)


2011年10月01日 23時 更新
◇LBLチャリティーライブ 第5回ですね〜!!!

はやくも今回5回目を迎えます、Jやん主催のチャリティーライブです!

まあ僕達ができることはたかがしれたことです。

でも、毎回毎回着実に僅かですが寄付できた金額が増えてきています。

このままずっと、バンド活動をやれる限りこのチャリティーライブを続けることができれば素晴らしいことだと思います。

10月22日の土曜日です。

楽しいライブになると思われますので、みなさん宜しくお願い申し上げます!!


☆ Little by Little Charity Live Vol.5 ☆ http://lbl.jpmusic.net/

■場所:天満橋・RAW TRACKS
http://www.rawtracks.jp/
TEL 06-6358-0005

■時間:開場:4時40分 開演:5時20分

■チャージ:1000円 (1ドリンク含む)+ 寄付お願いします!

■寄付先
【小児がん患児支援 NPO法人エスビューロー】
【東日本大震災へ】 日本赤十字社経由

2011年09月25日 11時 更新
◇オレオニライブ〜2011,終了!!

アナザー全体が盛り上がっていて、載せられたことは確かです。

フルメンバーでのライブも5ヶ月ぶりで、新鮮さも感じられて気持ちが入りました。

終演後、多くの人たちから握手を求められました。嬉しかったです。

何度も観てもらっている方にも、褒めて貰えました。

あのつーさんが、「今日は聴いてて、2回泣いたわ〜」って言ってくれたり、そうかと思うと他者には「詩が重たい」とも言われたり。自分を表現することがロックであり、いまさら作風が大きく変わることも考えられないですし。


バンドの今後についてですが、オリジナルをしていくうえで、やはりリハを重ねていくしか良くなるすべは無いのではと思います。

本当にテクも才能も引き出しの多さも持ち合わせているような稀なPrayerでは無い僕には。

しょうもないと思われるキメでも、リハなら出来るし、聴き直してまた考え直したらエエことですし。「なんかチャウねんけど」って思いながら進めている自分に歯がゆい思いはあるけど、そこは「ローレルの勉強が足らないだけや」ってはっきり言われましたし。そのとおりやと思います。けど諦めるつもりはないです。

次回のLBL、もっと動員も頑張りますし、もっと良いパフォーマンスを約束します。

Jやん、つーさん、そしてLBL出演者様、宜しくお願いします〜頑張りましょう!!!

2011年09月19日 09時 更新
◇ライブレポ〜!

2011,9,11 (日) 日本橋 ライブバー「太陽と月」

地元でのライブだったので、知り合いの人が駆けつけてくれたことと、出演者の方々のおかげで思いの外、熱く楽しいライブにできたことを嬉しく思います。

基本アコスティックが合うお店なのでバンドはトリオ編成くらいがちょうど良い感じでした。ドラムのコバ氏が気にかけていたバランスも問題無かったように感じます。これも店主のキタニヤスタカさんのおかげだと感謝しています。

*トップが「新田イチロー」さん

 この日はトリをお願いしていたのですが、うちのバンドの都合で入れ替えて頂きました。誠に申し訳なかったです。

 この店の常連さんで、ネットでイチローさんの名曲に惚れ込んでいはって、この日やっと実物本人の唄がナマで聴けると非常に興奮され、かぶりつきで観ていた方がおられました。イチローさんも最初、「人、間違いでしょ」っていう感じでしたが、曲名を告げられて「マジですか!」っと言って感動しておられました。隣で聞いているだけでも感動的なお話でした。

 タカミネでの弾き語り、どれも皆素晴らしかったですが、その人のお目当ての「コンパス?」が特に素晴らしく感動しました。


*次に「タケソンクマソンWithテッセイ」

もうコレで名前変えるのやめといてという感じの三人ですが、本当に素晴らしい演奏とハーモニーでした。

僕のそばで観ていた店主のキタニ氏のリアクションが普通じゃ無かったように感じました。ESPギター講師でもあるの彼をもうならせたのは、クマさんのギターでしょうか? はたまた、たけぞうさんの見かけとあまりにギャップの激しい歌声か、テッセイくんの粋なバッキングとスライドか〜今度また話訊いておきます。
 
 忙しい中の熱演に感謝するとともに感動しました、やっぱりオリジナルがエエなと思いました。

*そして初めて見させてもらった「吉澤しづこ」さん

「四季絵巻」〜ずばりその題名そのものという感じの唄でした。ピアノの弾き語りでとても美しい方でした。

*最後が「ローレルバンド」でした!

初めて見に来てくれた寮生や仕事関係の人、エリ4のトミさんやチキセンのカウちゃんたち、それでまた超久しぶりの人とかいろいろ来てくれていたせいで気合が空回りしたかんは否めません。

コバ氏もタイヘンな事情で出演も危ぶまれた状況でしたし、オーティス氏は生ビールなんか飲んじゃって恐ろしくハイテンション。おまけに初めて出させてもらったお店ですしなおさらです。

まあ音楽人生の折り返し地点、まあサッカーで例えればハーフタイム終わって後半が始まったとこぐらいのまだまだこれからの僕にとっては、毎回ええ経験になってます。

「ロスタイムは3分」という看板が現れるまで突っ走ります!!

周りに居てくれているすべての人に感謝します。そんなことを感じた夜でした。

次はオレオニです〜9.23(祝)!!

2011年09月03日 00時 更新
◇さあ9月です☆

月が変わり、いきなり台風で今週はタイヘンですが、みなさんくれぐれも気をつけてください。

めずらしいことに9月はライブが2本です。

9月23日には恒例になりましたオレオニが今年も開催されます。

去年より強力になったローレルバンドが、フルメンバー5人で挑みます。

楽しみです。

そしてもう一つは、9・11(日)に日本橋のライブバー「太陽と月」というお店にトリオで出演させてもらう事になっております。

このお店は、自らがSSWでギターの講師とかもされています、キタニ ヤスタカさんのお店でして、僕の高校、大学時代の先輩ドクトルミキさんに紹介されて出させてもらうことになりました。

僕らに比べてかなり若いSSWたちが良く唄われているお店でして、何か良い経験が出来るのではないかと密かに期待しております。

店主のキタニ氏に、「よければお知り合いの方を紹介してくださって、一緒にされたらどうですか?」と言ってもらいましたので「タケソン&クマヤン」「新田イチロー」両人に声をかけたところ、嬉しいことに即OKというご返事を頂く事が出来ました。

あまり大きくないお店です。おそらく熱気にあふれた素晴らしい夜になることだと思います。ヨロシクお願いいたします!!

《2011,9・11(日)》

@日本橋『太陽と月』
 *地下鉄堺筋線日本橋駅を下車して黒門市場の方へ20メーターほど堺筋を南へ行きます。フグの太政を越えて鳥貴族の看板があるビルの2Fです。ムチャクチャすぐです。

オープン17時
スタート17時30分
チャージ1000円+1ドリンク

【STRRING】

ローレルバンド
タケソン&クマヤンWITHテッセイ
吉澤しづこ
新田イチロー

*出演順


先ほどのニュースですが、9・11の後処理に従事されたアメリカ消防隊の方々の発
癌率が異常に高いとう調査結果が発表されたらしいです。

癌の早期発見方法の解明には「ノックアウトマウス」の力が絶対必要なのです。

それとあの米テロ行為の首謀者組織「アルカイーダ」はソマリアの海賊を操る「アルジャバブ」と密接な関係にあるとされています。

9・11 唄うで〜〜〜!!



2011年08月29日 19時 更新
◇ライブが終わりました〜!

4ヶ月ぶりのライブでした。

とにかく無事に、それでいて結構乗って出来ました。

トリオでしたが、今後もあるのでこれからもふたバージョン練習して行きたいと思います。

次はまた3人で日本橋、「太陽と月」です。

アメリカ同時テロの日、9・11です。

集客が大変ですが実力をつければ良い結果に繋がると思いますので。頑張ります!

2011年08月27日 11時 更新
◇8月最期の日曜日


明日、スーターズとライブです!

アメ村「ザ・セラー」

2ドリンク付 1500円

19:00〜 クマヤン&テッセイ  
タケソン&テッセイ 久しぶりにカバー曲します。

19:40〜 ローレルトリオ

20:30〜 タケソン、クマヤン&テッセイ

今日も明日も仕事ですが〜久々のライブ、楽しみです。

宜しくお願いいたします!

2011年08月16日 22時 更新
◇ザ セラーでライブ

8月28日(日)

タケソン&クマやんのOAです。

初めてのトリオでのライブですが、ロックします。

そして唄も聴いてもらえることが出来れば言うことなしです。

アメリカ村のセラー、3年前に強烈なバンド(ジス ブードゥービーとジャマーバンド)を呼んで僕が企画したライブが有りました。それ以来久しぶりです。

2ドリンク付、1500円です。

19時開演です〜ローレルバンドフルメンバーじゃないですが、頑張ります!

2011年07月18日 16時 更新
◇この夏から秋にかけて

今決まっているライブの予定です。

8月28日(日) @ザ セラー

 【出演】スーターズ 他

9月11日(日) @日本橋 太陽と月

 【出演】 スーターズ・新田イチロー

9月23日 オレオニ@アナザードリーム

 【出演】泉州たまねぎファイターズ・ジャマーバンド・スーターズ他

 10月22日(土)リトルバイリトルVol5 @天満橋ロウトラックス

 【出演】エリア40・ニッターズ・スーターズ・風酔

 ローレルバンドはけっこう練習してます。

 進化し続けています!

 おそらく〜!

2011年06月21日 23時 更新
◇気になるけど

この曲はどうやろうか?

でも親友やから唄うんや〜そう決めました。

1、この雨にうたれ体も心も 洗い流さてしまえばいいなんて

 そんなチキンハートなこの俺は昔とそれほど変わりはしていないけど
  
でもいつもそばにいてくれていた 今はあの日の君じゃ無いけれど
  
どれほど色んな事教えてくれたことかいくら感謝してもとても足りはしない
 
 ビールは苦くて飲めやしない  でもウィスキーで割ったら幾らでも飲める

 そんなあの頃のロビーを取り戻せなんて言わないけれど もう少しは元気をだしてくれよ

 正直に言うけれど思い出したくない日も確かにあったさ
 でもけして忘れたりはしないから

2、無くしたものは運が良ければ 見つかることもときにはあるけれど

 自分が捨てたものは探し出そうとしたって もう2度ともとえは戻らないもの

容あるものはすぐに人を裏切る でも見えないものを信じ続ける

 そんな人達もこの世には確かに沢山いるんだ だから君のほうがもっと強いかもしれない

 想像することそれは自由 
 夢を見ることそれは特権

 夢から覚めることそれは宿命なんだけれど 少し得した気分になれやしないか?

 ほんとは辛いのさ 昔のロビーはかっこ良すぎたのさ

 でもこれからもずっとそばにいてあげるから

3、この雨にうたれコートの襟を立て
  一人ぼっちで歩いていこう

 上着が重たい分 気持ちは軽くなったよ 
 この世の果てまで歩いて行けそうな気がする

 今この日 この瞬間 この街で 唄を歌うことが出来ているのは

あの日のロビーがいてくれたからなんだよだから君の分まで唄い続けるさ

2011年05月15日 23時 更新
◇鈴木信夫さんを偲ぶ

 どう表現したらいいのか解りませんが、偉大な詩人としか語れません、 鈴木 信夫さんが5月2日に亡くなられました。

 享年40歳、早すぎます。
 
 でも、難病を持ち20歳までは生きることは困難であると診断されておられたことを考えると、強靱な精神力と創作意欲で克服されて来ておられた事と察しがつきます。

 下記は震災直後3月中旬、新聞に掲載された記事です。

    ーーーーーーーーーー

「これまで数多くの困難を乗り越えてきたが、今回の地震ほどストレスや不安を感じたことはない」。横浜市青葉区市ケ尾町の詩人、 鈴木信夫さん(40)は、7歳の時、筋ジストロフィーと診断された。その後、病気と向き合いながらも作詩活動を続け、これまで4冊の 詩集を発刊するなど、精力的に走り続けてきた。

11日午後、地震で家は停電になった。人工呼吸器を、6時間持つ非常用バッテリーに急きょつなぎ替えた。1時間ほど様子を見たが、 母親の富美江さん(67)は、「この先どうなるか分からない」と救急車を呼んだ。受け入れ先の病院がなかなか決まらず、ようやく 運び込まれたのが午後7時半。「このまま死んでしまうのか」。不安な気持ちで押しつぶされそうだった。

翌日家に戻ったが、ストレスや疲れはピークに達していた。呼吸器の圧を上げる措置を取り、随分落ち着いた。しかし、追い打ちをかけるような今回の計画停電。初日の14日は、自宅では実施されなかったが、“次”がいつか分からない。常備している非常用バッテリーで 対応する予定だ。「やむを得ないが、少しでも早く平常に戻ってほしい」と願う。

テレビ画面には連日、想像を絶する光景が広がる。しかし、目をそらすことはできない。「この経験を乗り越えたら、またもうひとつ人間として成長でき、人の気持ちが分かるようになる。それを詩人として発信し続けたい。神様から与えられたこの生命を大切にしていきたい」。
自分自身を勇気づけるように、そう言った。

    −−−−−−−−−−
 
 昨夜、信夫さんと親交があったゴスペルシンガーの公山氏の日記をみて彼の死を知ったのですが、この新聞の記事は今朝観ました。
 
 なんとも言いようがないですね。しかし最後のほうに素晴らしい彼らしい力強いコメントがあり、心うたれました。

 ライフラインという言葉はその意味のとおり、軽んじたらいけませんね。

 非常事態ということは理解できます。しかし一生非常事態で頑張ってきている人の事を、僕ら健常者はもっと知る必要があるということ、再認識しました。

 
 本当に生きる勇気を多くの人に与えてくれた方でした。もうかなり前、7年くらい前のことです。公山がラジオで唄った時、その詩に衝撃を受けました。


  「ありがとう ごめんなさい」

              鈴木信夫
              

神様 命を与えてくださり ありがとう 
神様 命を大切に出来なくてごめんなさい

お母さん生んでくれて ありがとう  
お母さん 生まれてきて  ごめんなさい

お父さん 認めてくれて ありがとう 
お父さん 期待に応えられずに ごめんなさい

神様 試練を ありがとう  
神様 人生を恨んで ごめんなさい


お母さん 愛を与えてくれて ありがとう 
お母さん 自由を奪って ごめんなさい

お父さん 支えてくれて ありがとう 
お父さん 我慢させてばかりで ごめんなさい

神様 試練を ありがとう 
神様 人生を恨んで ごめんなさい
みんなみんな ありがとう ごめんなさい 

神様 でも ありがとう



安らかに 鈴木信夫さん ほんとに有難う!

2011年05月05日 19時 更新
◇DEAR ロビー

人は誰でも持ってる

斎藤祐樹だけじゃない

想像すること
それは自由

夢を見ること
それは特権

夢から覚めること
それは宿命

夢を現実にすること
それよりもっと大切なことがある

今日を生きること

内弁慶で行こうぜ

誰だって外に出たくない日はある

だから解るし

自分の都合で行けば良いから!

2011年04月24日 18時 更新
◇一夜が明けて

夕べは楽しかったです!
長丁場でしたが、あっという間でした〜!

一昨年の秋口、Jやんに声をかけてもらい参加させてもらったこのチャリティーライブ。
 堺筋本町にある普通の小さなカフェレストランでした。Jやんが自前の機材を持ち込んで、設営から撤収までほぼ一人でする感じのアコースティックでアットホームないいライブでした。

 そこで再会(あえて再会にしておきます)することになった、新田さんやつーさん、トミさんともそれ以来急に親しくさせていただくことになり、次回はそれぞれのバンドが参加できるライブハウスで開催しようということが提案されたのでした。

 とはいってもチャリティーライブですので予算的になかなか簡単なことでは無かったのですが、なんとか昨年春にミナミの「ドアーズインヘブン」にて第三回LBLは開催され、無事盛況に終えることが出来たのでした。この時にもJやんはもちろん東奔西走し頑張ったのでしたが、彼と職場が近いつーさんによるサポートがかなり心強かったことだと思われます。僕はなにも本当に協力することは出来ませんでした。

 昨夜の「天満橋RAW TRCKS」でのLBLは、予想以上に沢山の方がご来場下さり最初から最後までほぼ満席状態となりました。非常に嬉しいかぎりです。

 このようなイベントライブで危惧される、みうちの馴合いによる演奏会になるのではないかという問題ですが、このたびのライブにおいては少なくともOAを除いてはなってはいなかったように思います。

 「風酔」のお二人の唄と演奏には会場全員が癒されていました。何度もライブを魅せてもらっていますが、この夜はベストな感がありました。トモさんも風邪で鼻声だとおっしゃってはいましたが全然大丈夫でしたし、より感情が豊かだったような気もしました。僕的には1曲目に持ってこられた曲からしてこの日の意気込みを感じました。

 「ニッターズ」は1年ぶりとは到底思えないノリの心地よいパフォーマンスでした。去年も乗せられましたが、今年は数段良かったです。
 その理由として考えられるのは、ステージが広くなったゆえにケニーさんのアクティブなベースとダンさんのルックスを含めたプレイがさえていたように考えられます。それとキムラさんのギターもハズレなしのフレーズで見事でした。
 新田さんの曲の良さと唄の素晴らしさに加え、Jやんとアヤネスの表情に新田組のまとまりを痛感させられました。

 「スーターズ」 あえてゲストとは呼びません、というかJやんからも夕べ提案があったように、LBLの顔になってもらないといけないバンドですので。
 個人的にもっとも長く付き合いをしてもらっている、たけぞうさん、クマさん、長谷川くんの3人に加えイサオさん、テッセイさんという5人の編成でした。
 冷静にきのうのMCを観察しましたが、あの前3人のしゃべりは身内以外が聴いても笑えるように出来てきましたですね、ええ味出してます(笑)
 唄とのギャップがたけぞうさんのウリですから。ケニーたかやまさんも会場で「Jブラウンやんか」と言って喜んでおられていました。
 
 「Area40」 石川君のドラムが好評でした。と言いましても前任のドラマーも最高な人でしたし、どないなってんのかという感じの層の厚さです。トミさんは冷静に渋く、ときにはガツンと決めるギターがほぼ完璧な感じでお見事でした。
 つーさんはスリリングなフレーズを織り込んで今までに見たことのないトリッキーなアドリブがカッコよかったです。良く練習しているなと、唄もギターも感心して観ていました。
 宮口さんもベースのシラキさんも素晴らしいです〜見事にトリを締めてくださいました。

 うちのバンドには今回から新ドラマー、コバちゃん氏が加入してくれました。ドラムのスタイルは合うかと感じれるものがありました。ご本人も喜んでくれていたのが心強いです。
 アヤネスに続きJやんも埼玉に行ってしまいますが、今まで通りアワペースで頑張りたいと思います。

 天気が悪いのにお越しいただいた皆さま、有難うございました。

 又いろいろお手伝いをしてくださった方々にもこの場をおかりして御礼申し上げます。

 とにかくあれだけのお客様が来て下さった事実に感謝感激すると同時にJやんの功績を称えたいと思います。

 「何でも言ってや〜」といつも口だけでほんと申し訳ありませんです。

 Jやんはじめ、みなさん御苦労さまでした!

2011年04月21日 22時 更新
◇RAW TRACKS

年に何回もライブは出来ませんし、回数多ければ良いという訳でも無いですし。

とにかく明後日は楽しいライブが出来るでしょう〜コバ氏初参加でもありますし、頑張りましょう!!

2011年04月10日 22時 更新
◇いい感じになってきた!

リトルバイリトル VOL4 に向けてバンドは良くなってますね〜!

この震災の後、いろいろ支援チャリティーライブが盛んに行われています。

そしてこのLBLライブイベントは、ずっと前からチャリティーライブとして行われています。

たまたま今回、第4回は震災復興ライブの色合いが濃いですけど、こんなふうに常日頃から趣味の音楽を通じて社会に貢献することができることが素晴らしいと思います。Jやんの企画がエーやん。

2011年03月16日 21時 更新
◇やっぱり怖い、原発。

いまさら言及したところでどうしようも無いけれど、原子力発電所の恐怖。

エコ、エコと言いながら頼っていた点に僕は疑問を抱いていたのです。

想定外なのか?

国と東電、どうするつもりなのか。

大地震、大津波、原発による被爆・・・・・被災地の方々の心中を察すると言葉もありません。

2011年03月01日 22時 更新
◇リトル バイ リトル VOL4!

1年ぶりです〜リトルバイリトル チャリティーライブ!

4月23日(土)
天満橋RAW TRACKS(つーさんの紹介です)

申し分ない会場と出演者の方々。

気合入ります。そういえばウチの今年の初ライブです。ヨロシク!!

LBL HP

http://lbl.jpmusic.net/



2011年02月11日 15時 更新
◇雪の朝

昨夜は最後家に着く少し前に雨に降られたんですが、今朝は雪が積もっていました。

昨日は31歳の歳の差がある、寮生の岩上君と、ジェイ公山氏のライブ観戦。

岩上君、感動してくれたみたいで良かったです。僕も感動したけど。

あれだけ唄えたらええなと、ただただ感心する二人の唄うたいでした。

行きも帰りも、音楽の話ばかりで楽しいじかんでした。自分の次女と同じ年の岩上君と、アタッチメントのことやGアンプのことなんかを話して何か可笑しいけど自然と話が盛り上がる。友達みたいに。

違いないか、血がつながって無いから親子じゃないし。

2011年01月09日 20時 更新
◇ノックアウトマウスに幸あれ

不治の病に苦しむ人たちに
希望と生きる勇気を与えてくれるのなら
それは素晴らしいこと
俺には何にも言えない

生まれながらがらに背負う十字架
君はそれには気付かないだろうけれど
それはそれで良いのさきっと
アクリルの部屋が君の国、ふるさと

ノックアウトマウスに幸あれ

君の毛のない弟はアトピーで苦しむ
この世の人間のために大きな力を貸してくれるのさ

人類の未来のために君たちの担う役割って
大きくて素晴らしいことなのさ

ノックアウトマウスに幸あれ

       
 BY ローレル

またこんな唄つくってしもた・・・

2011年01月01日 11時 更新
◇謹賀新年!

 2011年、始まりました。

 平成23年です。さほどかわりのない朝です。

 ただ仏壇にはすこしだけいつもと違う仏花を供え、ふだんは危ないので短く折って火をつけるお線香も長いままにして、ゆっくりと煙をながめています。

 こんなふうにに時間が止まってくれてるときに、唄を創ろうか。

 お昼前には出かけないといけないけれど、とりあえず元旦の朝は良いわ。

2010年12月26日 23時 更新
◇来年もライブしましょ!

昨夜は、和歌山のラグタイムという素敵なライブハウスで唄って来ました。

 ジャマーバンドの今年最後でしかもクリスマスの土曜日ということで盛り上がることは必至ではあったのですが、ゲストのワンコーナーになんとローレル弾き語りという設定をされてくれていまして、4曲も唄わせていただくこととなりました!

 最初はOAでの出演を想定していました。ところが楽屋で金司さんがセットリストを作成されているときに、1曲目から16曲目くらいまでのタイトルを列挙してはるのですが、7〜9曲目までのタイトルが空白で10曲目に「アイシャルビーリリースト〜ローレルと一緒」って書いてはりました。

 この時点でもまだピンとこず、「7、8、9曲目は何にしょうか?」と僕に訊いてるのかと思ってたくらいでした。
 ところが「ここはローレルの弾き語りやで」という金司さん。

 これは緊張もするけど、ホントに喜ばないといけないと感じました。ここまで気を使い考えてくれてたのかと、テンションは上がりました。
「唄うたい冥利に尽きる」僕には最高のクリスマスプレゼントでした。

 最初のゲストとして登場したのは、ジャマーのTPのシラカワ君のバンドで「キャメライズ」という全員学生、しかもVOとDRがかわいい女性というさわやかなバンドでした。
 流石にシュガーベイブ好きのシラカワ君が演りそうな曲の数々で、みんな上手くてこの先楽しみなバンドだと思いました。

 そして早くもジャマーバンドの登場です。

 この日のジャマーは気のせいなのかいつもより最初のテンションが高いような感じがしました。あにきさん、ヒロジさんが普段通りに観えましたが特に金司さんはショッパナから最後まで凄い乗っていたように見受けました。僕の勘違いかもしないですが。

 ステージ横の楽屋では、オーストラリアから来たもう一人のゲストのグレック氏とふたりきりでした。
 「前回ジャックでバンドのライブを見せてもらいましたよ〜ナイスバンドですね〜」
 と声をかけると「オーサンキュー!」と言ってシェイクハンドしてくれました。

 舞台袖で観るジャマー、「丸正・ジェイムス」だんだん盛り上がっていくのが解りました。

 なんともいえない空気の楽屋でちょうどアヤネスからの応援のメール「ガンバレ!」に気付きました。ナイスなタイミングで気持ちがす〜〜〜っと楽になりました。ウレシカッタ!
 今夜はローレルに捧げるといってはじめてくれた「オールライト」で1部が終了、出番です。

 1部の途中で紹介されていたことと、となりでハープでサポートしてくれた金司さんのおかげで、リラックスして唄えました。
 ジョウズに曲の紹介するように振ってくれたり、さりげなく「アレうとていな」とか言ってくれてホントに楽に進めることが出来ました。

 ただ、1曲だけリハが出来たにもかかわらず、その曲をボツにしたりしたことで、ほぼブッツケ本番状態だったので、曲が終わるたびに「わりとうまいこといったな〜?」とさりげなく言われるコメントは、お客さんにはウケてはいましたが僕的には逆にいちばん不安をあおられるような感じがしました(笑)

 立ち見の人も居たほどの満席状態の中で、気持ちよく唄うことが出来ました。心配してかけつけてくれたオーティス氏にも「金ちゃんとのコラボ最高やんか」と誉めてもらうことができました。これもジャマーの皆さんのおかげです。
 そして「30年もの長い付き合いの親友でライバルのローレルです」と紹介してくれ、素敵なハープを吹いてくれた金司さんのおかげです。感謝しています。
 ジャマーと一緒にできた「男らしいってわかるかい」は遠い昔、僕とジャマーをつなぐきっかけとなった「大塚まさじさん」の唄。感慨深いものがありました。今度機会があれば恭造さんに捧げた曲「ラグタイムの夜」もみんなで唄えたら嬉しいです。

 後半のジャマーのライブは最高に楽しませてもらうことが出来ました。メドレーが多くなった分ライブバンドとしての魅力は増して来ているように感じます。

 あにきさんの全てのプレイにメリハリが付いていて素晴らしいと思います。
 コーラスに唄、ギターソロ、リフもカッティングも、ギュウドン氏とダスゾーさんのリズム隊を見る眼、オーディエンスにむける笑顔、それらが集約されてよりジャマーバンドのスキルはアップしていくのでしょう。常に客観的に自分のバンドを観れていて、そのアンテナからメンバーそれぞれに分波されている感じがします。
 メンバーが増えれば当然電波は弱くなるんですけれど、強力なブースターをあにきさんは持ってはるのでそんな心配は無用なんでしょう。

 報道カメラマンのヨガ小林氏に事件発生の緊急電話が何度か入ってきた為に、とうとうライブを中断せざるを得ない状態になってしまいました。

 金司さんは、
「うちはなんといってもリスクマネジメントが出来ているバンドですよ〜津波が来るなんかすぐに連絡入りますし〜」
 とかいうふうに、笑いに替えてします。流れであにきさん弾き語りコーナーへ突入し、久しぶりにお子様連れで観に来られていた元ベーシストのイカさんと娘のリサちゃんをヒロジさんがステージに上げて、「スタンドバイミー」を唄ってもらい、引き続き前ベーシストの小原くんを呼んでベースを弾いてもらい、モノホンの英語でグレック氏にうたってもらったりという感じで、ハプニングは全く忘れてしまうような絶妙の進行でした。

 最後は場内総立ちの「ホールドミー」お客さんも総笑顔でエンディング。
 
 こんな感じで笑いと感動を頂くとともに、僕自身も収穫もあったクリスマスの夜でした。

 

2010年12月23日 22時 更新
◇今年のクリスマスは

和歌山ラグタイムに行きます。

ジャマーバンドのラストライブです。

なんとOAとして数曲唄うことになりました。金司さんがハープでサポートしてくれるそうです。

僕の唄、初めての人が沢山おられると思いますので、楽しみな気もします。

しかし、大丈夫やろか?

2010年12月06日 22時 更新
◇今年のラストライブを終えて

 昨夜、来て下さった方、有難うございました。この場で御礼申し上げます。

 前回ライブより良い感じで出来ています。

 トシローさん、風邪でしんどいといっていたけどなんとかもって良かったです。

 オーティスさん、マイカーのバッテリーが上がりえらい目にあいはりましたが、けっこうノリノリのプレイが写ってますよ〜!

 Jやんの音はかなり出てます。本番で初めて、こんなん弾いてたかな?っていうフレーズも多々あり、曲に対する熱意に感動しました。

 アヤネスも良く声が出ていて、ハーモニーもよくなっていたと、LBL以来に見に来て下さった方にも誉められましたよ!

 メンバーの皆さんに感謝の気持ちでイッパイです。

 それとジャマーバンドの皆さん、ジャックライオンと真柴さん、スタッフの人たち、有難うございました!

2010年11月25日 21時 更新
◇更新御無沙汰!

 時間の許す限り練習し、詩を書き曲を考え、相変わらずライブに参戦しています。

 ですからマメに更新出来ない体たらくですが、お許しください。って僕らのHP、覗いてくれている方がおられるのかどうかが非常に心細くもあるのですけど。

 先日、勤労感謝の日に、天王寺一心寺シアターでのライブを楽しんできました。
 
 センタマ、風酔、BHB、大池中学PTAバンドのライブでした。

 日本語のオリジナル曲、歌詞の浅い深いは関係なく、感動を与えてくれます。

 それが、それこそロックスピリッツなんやと悟りました。

 聴き手に伝えたいことがあるから唄うと云う風に力んでも伝わらないことが多々あるのだということですね。きっとそうです。

2010年10月20日 23時 更新
◇今年の最後は ジャック ライオン

モノレールの摂津駅から徒歩5分、ホントになんにもないところに、ポツンとあります。

 僕は3年前にジャマーバンドを久しぶりに観に入ったとき以来、このライブハウスは是非とも出てみたかったんです。

 オーナーの真柴さんも素晴らしいし、支えてるスタッフも好青年ばかりで一体感が凄くあり、他のライブハウスではなかなかありえない、空気が漂うそんなところなんです。

 もちろん、ジャマーあにきさんに声をかけて頂いたのですが、かねてから真柴さんに

 「いつかは出させてくださいね〜」

 「そんなの、いつでもいいから言って下さいよ」

 と何度かお話しさせてもらっていたので、昨晩電話で挨拶させてもらった際にも

 「やっと実現しましたですね〜よろしくお願いします」

 というような感じでした。

 2010年、ローレルバンドの最後のライブは、茨木ジャックライオンで12月5日(日)にジャマーバンドと一緒です。

2010年10月19日 23時 更新
◇唄の力

ライブの後で、そこそこの人が「良かったよ」と言ってくれます。

「いい曲ですね〜なかなかみんな上手いですね」なんてことも。

 今夜、オーティスさんに言われましたが、「もっともっと練習しないと、マジで今まだ人に聞かせれるレベルじゃないで、そのええと言ってくれた人でも次のライブに来てくれるかというと、きっと来てくれへんで」

 そりゃそんな気もします。

 周りのバンドのメインボーカルはみんな上手い人ばかりだし、少しでも追いつくには何倍も練習しないといけません。

 ごもっともです。練習せな。

 確かにそうですね、

2010年10月11日 15時 更新
◇昨日神戸で

ジャマー金司さんが教授をされている、神戸夙川学院大学の学園祭ライブに行ってまいりました。

*ジャマーバンドwith八木のぶお

*ジェイムス

*エントランス

どれも凄く良かった。神戸まで行く価値は十二分にありました。

 そして、会場である男性からお声をかけてもらいました。

「ローレルさん〜ことしも良かったですわ〜CDまだなんですか、はよ創ってよ〜」

という内容です。

 オレオニに連続で来られているジャマーのファンのお方でして、今年のアナザーではお話も出来なかったんですが、まさかこんなところで唐突にこんな嬉しいコメントを頂けるとは思いもよりませんでした。

 また、ライブしたくなりました〜〜!

2010年10月02日 10時 更新
◇10月に入りました!明日の日曜日

BHB,10周年記念ライブです〜!

若手ミュージシャン数人ひきつれて行きます!

楽しみです〜!


「BUT HOLIDAY BROTHERS」
〜 the 10th Anniversary LIVE 〜
バット・ホリデイ・ブラザーズは2010年で結成10周年です!
いつもライブに来て頂いてる皆様、かつてのメンバー、トラで手伝って頂いた皆様、
そしてライブハウス、リハーサルスタジオの皆様すべてに感謝いたします。
特に変わったことはしませんが普段のBHBを出せればと思います。
ご来場お待ちしております。
■場所

難波・NAMBA ROCKETS

大阪市浪速区難波中2-11-1 なんばピア6025
06- 6649-3919


■月日

◎2010年10月3日(日)

■時間

◎open PM6:00 start PM6:30

■チケット\\2000(ドリンク代\\500別途要) ※前売り・当日区別無し


2010年09月22日 01時 更新
◇今年も終わりました!

オレオニ2010、@アナザードリーム

 やはりレベルが高いバンドばかりで、雲泥の差であることを痛感いたしました。

 でも初めて聴いて下さった人からは、嬉しいコメントも頂戴出来て、少し救われました。

 ライブにミスはつきものです。ですが全体としてタメが無く、浮足立った演奏であることは否めません。これからの課題はセンタマ ”靴下が無いよ”みたいなタメ、とてもあそこまでは出来ないでしょうが挑戦してみたいものです。

 ギターの音がしょぼいのは、いつもいい加減な音創りをしていることが最悪の結果となりました。いつもあんな音じゃないんやけれど、やっぱ経験の無い僕にはリハ無しはきついです。

 でもこのままでは終わることは出来ません。これからですよ!

 これやからバンドは楽しいんです。いくつになっても、どんだけ良い演奏が出来るようになっても、まだまだ上に登れるのでしょう!そう思わなやってられません(笑)

 とにかく皆様、有難うございました!

 

2010年09月14日 23時 更新
◇とりあえず、ギターソロの練習や!

 今回もだいたいGソロは決めておいて、アドリブはラストの『ヌーメア』だけにするつもり。

 それで、唄に全力を注ぐことにします。相変わらず録音を聴いたらピッチあまいんですけど、まあなんとか思いっきり唄います。そして唄が終わったあと、ラストのソロでコケないように頑張ろう!

年に一度のオレオニ、悔いのないように演りましょう。

2010年08月20日 23時 更新
◇オレオニライブ〜2010

いよいよ1ヵ月後になりましたオレオニ・ライブの詳細が決まりました!



_/_/_/_/ ORANGE & ONION UNION LIVE 2010 _/_/_/_/


■主催:ORANGE & ONION UNION

■月日:2010年9月20日(月・祝)

■会場:LIVE HOUSE『ANOTHER DREAM』
http://www.an-dream.com/map.html

大阪市中央区千日前1-9-7フローラルイン難波B1
TEL 06-6211-5759

■チケット:前売り\\2000/当日\\2300(ドリンク代\\500別途要)

■タイムテーブル

-----------------------------
13:00 開場
13:25 開演
-----------------------------
13:30 OUT SIDE (ONION)
*パンチョ長谷川氏のバンドがついに登場!
-----------------------------
14:15 REDEMPTIONS (ORANGE)
-----------------------------
15:00 SOU-TARS(ONION)
*あの懐かしの『スーターズ』がオレオニで復活!
※タケソン・ブラウン、スギムス・テイラー、ISAO、テッセイ

・タケソン・ブラウン
http://takeson.j-yan.com/

・on Bass ISAO
http://bass-isao.j-yan.com/

-----------------------------
15:45 ぅ蹇璽譽覬山&フレンズ (ONION)


-----------------------------
16:30 But Holiday Brothers(ONION)
*オレオニ復活以来、3回連続出演!
今回マリリンさんは所用で出れずISAO氏がベースで参加。

・But Holiday Brothers
http://bhb.j-yan.com/

-----------------------------
17:15 泉州たまねぎファイターズ(ONION)
*オレオニ主催バンド!ご存知、関西の超大御所バンド!

・泉州たまねぎファイターズ
http://sentama.com/




-----------------------------
18:00 HOBOぬきな(ORANGE)
-----------------------------
18:45 Paradise & Lunch(ONION)
*一昨年のトリを務めたが、昨年はハギさん泥酔でヤジられまくりでした〜今年は期待、しかし出番が後のほう過ぎはどう出るか?
-----------------------------
19:30 AREA 40(ONION)
*文句なし、いい感じに盛り上げてくれること間違いなしです!

・AREA 40
http://area40.j-yan.com/

-----------------------------
20:15 ジャマーバンド(ORANGE)
*オレオニ主催バンド!幼馴染の6人にその教え子である若手ホーンセクションが加わり、とんでもなく温かいライブをみせてくれます。

・ジャマーバンド
http://www.geocities.jp/ykawabata45/jama-index.htm




-----------------------------
21:00 終演
-----------------------------

※ ONION=大阪組
※ ORANGE=和歌山組
※ オレオニ・フライヤー:イマイさん(泉たま・ドラム)

 今年も素晴らしいライブになると思います。

 皆さん是非ともご来場下さい!!

2010年08月17日 18時 更新
◇お盆休みもあっという間

明日から又平常どおりの仕事の始まりです。

 この休みの間、観てきたライブは3本でした。

 最初は10日、尼崎10カラットでの「倉島 勲」& Jやん、アヤネス with テッセイ、カウチャン

 勲君は、僕の娘と歳が近いほど若いねんけど、全然話が合うんで不思議なんです。

 でも、確かに唄う唄は20代独特の青臭さ(良い意味で)があって僕には出せない感性を持ち合わせていて羨ましいかぎりです。かなりギターの腕を上げてきているし、それは素晴らしいことだと思います。

 この夜のスペシャルゲストのJやんとアヤネスは、この夏の初めにホントに辛い別れとなった親友、ジュンちゃんとハッシンさんに捧げる曲を3曲、天国に届くように奏でました。

 「遺されたみんなは、好きな音楽を彼らのぶんまで、演ろうや〜〜〜それがきっと供養になると思うし」そんな感じがしました。

 13日は、珍しくジャズのライブに参戦しました。

 梅田の『ジャズ オン トップ』で永山洋輔君のドラムプレイを観ることが目的で。若手有望ジャズメンが集うイベントライブで、武藤君と言うサックスプレイヤーのカルテットの日でした。

 ドラムの洋輔君は、今東京で活動していてかなり頭角を現してきている若手ドラマーで、僕のバンドで叩いてくれている永山敏郎さんの二男坊なんです。

 久しぶりの凱旋ライブということで、会場は超満員すし詰め状態で全指定席で超疲れるライブ体験となりました。

 でも上手いです、見事です。ジャズは興味ないけど充分楽しめます。こういう若い子のプレイだからこそ特に良かったかもしれないです。

 唄無し、ギター無し、でウッドベースと生ピアノでした。

 それで、オリジナルが「バイトで皿洗い10時間させられまして、もういやんなって、その気持ちを曲にしました、〜聴いて下さい、タイトルは Too Hard です(笑)」 なんかジャズプレイヤーを凄く身近に感じたのは確かです。

 この日、次女とその彼氏をつれて行ったのですが、その彼氏が、小学校からずっとジャズドラマーの先生のもとで習っているとのことで、ライブ終了後には洋輔くんと握手してもらい、少し話もしてもらってました。まあ今後ジャズライブを体験することはまずないとは思います。もちろんこの日一番喜んでいたのは彼でしょう。

 もうひとつ観に行ったのは、茨木「れーんず堂」での『えぷろんシスターズ&ディランズチルドレン』のライブです。

 えぷろんシスターズの関西ツアーの千秋楽でして、沢山のお客さんが来られてました。

 メグさん、さくらちゃんにテッセイのギターが加わり、ほのぼのとしたステージでみんなが盛り上がっていました。

 そしてドクトルミキ氏と石山正人君の『ディランズ チルドレン』 はやりにくい状況の中、貫禄の唄を披露してくれました。さすがミキ先輩です。

 とりあえずライブは良いんです。生きているんです。ライブですからあたりまえなんです。

 で、知らない人、初めて聴いてくれる人に何か感じてもらえるように、また精進して次のライブに臨みたいです。

2010年08月13日 18時 更新
◇ロウェルには会えましたか?

 今朝、ブラウンシュガー氏の日記で知りました。

 以前から体調不良であるとは聞いていましたが、リッチー・ヘイワードさんが64年の生涯を閉じられました。

 タジとのツアー等、フィートのサイトをたまに観ては嬉しい半面、リッチーのことだけは心配だったのですが・・・・・

 まあ、今考えると一番好きなドラマーだったかも知れない人でした。

 サム・クレイトン、ケニー・グラッドリーが加入後は本当にカッコイイ、セカンドラインリズム隊でなおかつコーラスも素晴らしい声で決めてくれてたし間違いなくフィートの全盛期を支えた功労者です。

 あのジョン・ボーナムが彼に多大な影響を受けたと云っていたとか、アンディとガットの間でクラプトンのバンドでも叩いてたり、僕がひいき目で観るだけでなく、その実力と評価は相当なものであったと思われます。

 「ウェイティング フォウ コロンブス」

 感謝の気持ちとともに今一度聴かせてもらいます。

 御冥福をお祈りします〜
  
                     合   掌


 


 

2010年08月11日 22時 更新
◇昨夜は久しぶりに楽しんだ〜!

尼崎の10カラットで、倉島勲君のライブ。Jやん、アヤネス、テッセイ達も登場して、気持ちがこもった演奏に酔わせてもらいました。

 十三風呂部の方たちが来られていて、終始ジュンちゃんの想い出話に花が満開でした。

 本当は車で行ったので、ノンアルコールしか呑めませんでしたが、それでも遅くまでみんなで盛り上がって非常に良い気持ちで帰りました。

 わずか3カ月の東京修行ですが、勲君、成長していたし、新しい曲もいい感じでした。ルーツ系を聴いてるということで同世代の若者の唄う曲と違う切り口の作品が、かえって今の時代の中で受けたりしたら良いのになぁ〜と思います。可能性は十二分にある。

 アヤネスもこの日はちょっと違ってました。かなりはじけて唄ってたし。Jやんもそうやけど、二人とも音楽に取り組む姿勢が素晴らしいと思う。もっともっと上を観ているもんな〜だから伸びると思う。

 どんどん二人でもライブ演ったら良いのにとマジで思ったです。

 

 そして、オレンジ&オニオンユニオン ライブ@千日前アナザードリームでの出演時間がほぼ決定しました。
 3時45分くらいの出演ということです。
 頑張らなあきませんね〜!

 

2010年08月03日 23時 更新
◇この夏はフツーじゃないで

8月に突入しましたが、なんかもうすでにバテてしまっています。

 ことしはえらい早くから暑くなったもんです。真昼の炎天下のもと、流石に今日はノーネクタイでお客さんを引率しました。

 何をそんなにあせることがあるのか?と訊きたくなるくらいにセミも朝早くから怒鳴ってるし、なんとなく今年は秋が早いのかも・・・とか勝手な想像している今日この頃です。

 バンドのリハも、多少は進みました。というか、新しい曲がなかなか良い感じにまとまりそうで嬉しい限りです。

 トシローさんのドラムも合う感じですし、オーティス氏はもはや、コード譜も観ないで弾いていたし、アヤネスもすぐにでも唄えそうですし、Jやんの間奏が素晴らしく盛り上げてくれる。

 後はGソロの掛け合いと、細かいキメはこれからですし、ボーカルはまだまだです。

 結局、まだまだこれからということなんですが、作者のイメージ以上に仕上がりそうな予感がするのが非常に嬉しいのです。

 

2010年07月19日 10時 更新
◇バンドの練習

昨夜のリハも、連休中、しかもうだるような暑さの中、お疲れ様でした。

今、バンドは僕を入れて6人編成です。

大阪ミナミのスタジオまで、皆さん遠いところから来てくれています。

トシローさんは奈良の五條、オーティスさんは西宮、Jやんとアヤネスは尼崎、溝やんは広島、近くに住んでいるのは僕だけです。有難いことです。

 背筋伸ばして行きます。

2010年07月06日 21時 更新
◇ジャマー あにきさんのブログから

音楽に取り組む姿勢、共感しまた鳥肌が立ちました。

 いやあ、昨日も良かったで。昨日のライヴもね。

 さっきNHKで野村監督が高校のときから抱えている恩師の言葉で「技術の前に人間を磨け」ってのがあるってやってたけど、至言の一つやろなあ、これ。

 ぶっちゃけていうと、ライヴとかスポーツの試合とか、とにかく人前で何かを表現する時って、実力を出し切れない事もあるやんか。アガる人もいるし。それって結局その人のやっていることに対する姿勢がでてるんよな。つまり、自分の中でちょっとだけ楽しい程度の価値しかなかったら、人前に出たときも「ちょっとしか」表現できない。逆に、やってる事がその人にとってとても大事な事なら、やっぱし人前でその「大事さ」がでるんよな。たとえ無様な表現でも。

 ダスゾーっていうベースが今入ってきてるんやけども。この人とは僕は結構やってるんよ。こいつがアガリやったんよ。最近までね。それはきっと、音楽以外の所での葛藤を本番の日でも引きずってきてたからで。でも、昨日は違ったわ。ライヴに集中していく過程もいい感じになって来てたから、あーこれは大丈夫やって思ったし。

 シラカワ、ついに剥けたなあ。何の打ち合わせもなく、ソロになったら客席に飛び降りて入ったもんな。坊ちゃんが男になったわ。金ちゃんも書いてたけども、ホンノ1年前くらいまで、会話が成立しなかったんよなあ、幼すぎて。でも最近は話せるところまで来てたから、あー楽しみやなあと思ってたら飛び出したもんなあ。ガッコ出てもバンドは続けるらしいわ。チタルもね。

 僕とか金ちゃんは、お客さんが誰であろうとパフォーマンスしないといけない現実が仕事であって、だからどんな小さなとこでも大きなとこでも全力でやらんといかんことを、利害とともに感じてるわけです。友達が来てようが国会議員が歌いたいといえば伴奏もしたしね。そんななかで、だんだん、「やっぱりこのステージで一番大事なんはよりよい音楽や」って分かってくる。それを届けて初めてみんなが楽しいんやからね。だからアガッテる場合やないし、乱れてる場合やないし、お客さん選んでソロの本気度決めてる場合やない。そんなことは全部見抜かれるんよ。お客さんは演奏する「人」を見に来てるんやから。

 ジャックライオンの真柴君、「ジャマーがステージに上がるとすべてがリセットされる」って言ってくれてる。これほど大きな褒めコトバはないわ。僕はこれを、メンバーみんなに捧げたいわ。つまりね。今日の昼ごはんは牛丼350円でええのか、ランチ1500円にするのかの選択から始まって、重大な失敗した後輩を切るのか育てるのかとか、子供に言ったらイカン言葉で叱った後悔とかを内包しながら音楽やってる僕らの、それらすべての行動はその日のライヴに収束していくわけよ。その、選択なり決断なりが全部音楽的やと、彼は言うわけよ。
「技術の前に人間を磨け」とは、そういうことね。

 まあ、また今から楽しんでいこか。
 なんやかんやあるけど、音楽的にいこう。


 何度もあにきさんには、教えられてきたけど、今回も考えさせられました。

 だらだらするなら、ライブなんかしてはいけないですね。有難いことに素晴らしいメンバー達とバンドが出来ているし、身近にこのような素晴らしい姿勢で、音楽に取り組んでいる先輩もいてる。

 まだまだ、やりますよ!

 Jやんが言ってくれた「ローレルバンド」って気に入ってしまったのですが、如何なものでしょうか?

 &フレンズ よりよさげなことないかな〜

2010年07月02日 00時 更新
◇iいやはや、7月ですね!

 9月のライブに向けて、曲を決めてリハを進めて行こうと思います。

 Jやんの提案でもあるのですが、僕もそう感じます。

 だって、直ぐですからね、9月20日なんか・・・ところで新しい曲も又聴いて欲しいです。

 これが新しい曲なのに、なぜか新しくないような気がする。無理に歌詞の中で新しいワードを使い、ごまかしているような気もします。

 でも、それも良いでしょう!自然体で行きましょう。

 
 

2010年06月13日 11時 更新
◇曲創りとギターの練習

曲はもちろん、アコギを弾きながら創ります。

でも、バンドではエレキでスライドで演ります。

というわけで、曲を完成させる為には時間の制約のなかで、優先順位を付けざるを得ず、ギターの練習が疎かになりがちです。

今制作途中の曲が出来たら又、今までの曲についてもバンドのアンサンブルやギターソロなどいろいろ考えたりもしたいと思います。

 っていうか、並行して出来ないものなのでしょうか?困ったものです。

2010年05月16日 23時 更新
◇まだ出来てないけど

次の曲のイメージ、

「ギブ アンド テイク」っていう言葉は、あまり好きではないのです。

 どちらかというと 「ギブ アンド ギブ」の精神で生きて行きたいのが本音なのです。それでも理想と現実は違うものなので、偉そうなことは言えませんが・・・

 確かに今までまわりの友人に助けられて生きてきたし、迷惑もかけてしまったし、でも今日からは何でも自分でやっていこうと心に誓っても又同じ日々の繰り返し。。。。。

 恋愛は「ギブ アンド テイク」っていう人に人を愛する資格は無いと僕は思うし、元をただせば世界経済もそれが基本なんでしょうが、貧富の格差が生じた現代社会では、ややこしくてそれは理解できないです。

 でも、ひとつ言えることは、僕が「ギブ アンド ギブ」でいれば世の中で「テイク アンド テイク」の人が減るということは事実でしょうし・・・・・
 
 まあそんなに堅苦しく考えないでしっかりと地に足付けて生きて行きたいです。

 

  こんな唄、唄い続けます〜

まだ終わりたくないし、やれるハズでしょう〜

2010年05月02日 22時 更新
◇cominng kobe2010!

 この日は春一番にも行きたくてさんざん迷いましたが、そしてオーティスさんが春一に行くということでまた迷いましたが、神戸に行くことに決めました。

 このイベント、ジャマーの小野田氏が実行委員長で、震災後の神戸の復興をテーマに毎年大きくなっているイベントなんです。

 神戸ワールド記念ホールから神戸夙川学院大学の敷地を使って、出演アーティスト100組以上、去年の入場者数14万人というポートアイランドが音楽好きの若者で埋め尽くされそうな賑わいです。

 けっこう人気のあるバンドも沢山でていて、そこらじゅうで大歓声が起こっていました。175R、ガガガSP、電撃NW他、まあ初めて聴くバンドもなかなか良いのも多かったです。ふだん生で見ることの絶対あり得ないようなバンドを体験できるのも楽しかったです。

 この日のジャマーバンドは初めて聴かせてくれた曲が何曲かありました。その中では、「帽子」という曲が印象に残りました。小野田氏の歌詞、目の付けどころが素敵だと感心しました。昔から好きでかぶっている帽子の変遷を伝えてくれる、麦わら帽、野球帽、ハンティング帽というそれぞれにまつわるエピソードを唄っています。他の曲も良いけど、これは一番良いと感じました。

 ジャマーが終わり、センタマまでの間、楽屋のまた奥の小野田氏の教授室にいれてもらいみんなで談笑していると、いつのまにかアニキが
 「クマ、JTやれ!」と言ってギターを渡すんです、そしたらクマさんは
 「ちょうどええ、コーラスのおさらいしとこ」とかいって、ワン モア チャンス のコーラスの練習をセンタマ全員でやりだすんです、それからしばらくはアニキが中心となりセンタマ名曲集メドレーをみんなで唄うことになりまして非常に盛り上がってしいました。

 大忙しの小野田氏とは少しの時間だけお話しさせてもらいました、そのとき「来年は出るか?」って簡単に言われましたが、即答できずじまいでした(笑)

 最後に神戸の海から西陽が差し込むのを背にセンタマのステージは格別でした。

 行きはたけぞうさんと二男のムチャかわいい浩平君と一緒で、帰りは夏ノ介さんと一緒にたのしく話ながら三宮まで行きました。

 なかなか楽しい一日でした。

 

2010年04月12日 22時 更新
◇リトル バイ リトル VOL3 を終えて

本当に、素晴らしいイベントに参加することができて嬉しく思います。

 色んな人にささえてもらえて素晴らしい50代を迎えることが出来ました。

 今の仲間を僕は誇りに思います。

2010年04月09日 23時 更新
◇今やりたいこと

今一番やりたいことは、自分が創った曲を唄う事。

 それが、お客さんがいっぱいのライブハウスで、ロックバンドで出来たら。

 最高やと思う。

 明後日、楽しみです〜

 皆さん、宜しくお願いします!

 一緒に、楽しみましょう!

 

2010年03月31日 22時 更新
◇リトル バイ リトル VOL3 が Free Live に!

ドアーズ イン ヘブン様のご配慮で当初、チャージ1500円(ワンドリンク付)の予定だったのがライブチャージ0円に変更になりました。

 これは主催するJやんの意志がすべての周りの人たちにだんだん伝わってきているってことなんやと思います。

 少しずつ、少しずつ広がっていく輪を実感できるようで、嬉しいと同時に、良いイベントにするためにも是非ともイイライブをしないといけませんです。

 4月11日(SUN)18:40 開演です〜 どうぞ宜しく!

2010年03月29日 12時 更新
◇倉島勲君 ライブ@ 10カラット

先日の土曜の夜は、Jやんがとてもかわいがっている若いSSW、勲君の、東京進出まえの関西ラストライブがあったので観に行ってきました。隣に塾があるためにここでは9時以降に始めるということで、ちょうど都合が良くてスタートから観ることができました。

 28歳の若さで、有山さんやタコさんをずーと近くで観ることができていた彼の唄は、何の違和感もなく入り込んできて、なおかつ新鮮で、春一ではじめて観た「良元 優作」君とか神戸の「ジェイムス」を観たときと同じような感動を僕に与えてくれました。

 この日のライブはお客さんにも大うけで、店のマスターをはじめ全員で彼の門出を祝うムードが凄く盛り上がり、ほんとうに良い気分を味わうことが出来ました。

 あとから、オーティス氏も駆けつけてくれたので、Jやん、アヤネスと勲君の彼女と一緒に楽しい時間を過ごすことが出来て、あっという間に日付が変わってしまいました。

 車で行っていたので、勲君と彼女を載せてミナミの桜川まで送って行ったのですが、たまたまかけていたCDが「グラム パーソン」だったのでした。
 「これ、ハモってるの無名時代のエミル ハリスやで〜それにしてもGPも若くしてなくなったもんな〜勲君の年齢(28歳)まで生きて無かったんちゃうか〜」

 勲君 「ほんまに若くして死んだ凄いミュージシャンって、いっぱい居てますよねー」
 
 っていうような話とか、彼も僕もともに多大な影響をうけて、お世話になった今は亡き「マーサン」の話とかをして、ちょっとしんみりとしたりもしましたが。

 若い、若くないっていう基準は音楽やる人間には関係ないことだと思うと同時に、唄いたいとき、演りたいときに思う存分にしときなさいということなど、今あらためてそう思うことができました。

 勲君   「ローレルさん、次のライブはいつですか?」

  「4月11日にドーアーズ イン ヘブンでやるよ、Jやんとアヤネスも一緒やで〜」

 勲君と彼女  「ぜったい、行きます〜」

 って言ってくれました。

 その日に唄う、『翼に夢を載せて』はこの二人に捧げましょう!!

    『倉嶋 勲』  

 皆さん、宜しくお願いします。

2010年03月14日 21時 更新
◇新しい曲のタイトルが決まりました

 今度のライブで初披露する曲で、タイトルがなかなか決まらなかったのがあったのですが、このたびやっと決めました。

 「優柔不断は生まれつき」

 で行きたいと思います。

 僕はというと昔から、決断力に乏しくて情けない事が多々ありまして、30年連れ添っている家内にもよく指摘されて来ました。

 自分では決してそう認めたくは無いのですが、云われてみればそんなふうに思われるふしもあります。

 まあ人間ですから、迷うときは迷うでしょ?

 でも確かに迷っている時間の長さと、その結果の良し悪しとは、必ずしも正比例するとはかぎりませんので、直感が大切なのでしょう〜時間はすぐに過ぎていきますからね。

 でも、やっとのおもいで曲のタイトルが決まりましたって言うこと自体、決断力のなさを証明しているのでしょうか(笑)

 

2010年03月10日 21時 更新
◇さあ〜ちょうどひと月先です!

Little By Little Vol.3

Jyanが主催するチャリティライブイベント
       に出演させてもらいます。

この日から、Jやんとアヤネスにも参加してもらい、新生ローレル&フレンズとして登場します。

■日時 4月11日(日)
    18時開場 18時40分開演


■場所:Doors in Heaven(心斎橋)
http://howlin.realsound.net/top/top.htm
大阪市中央区東心斎橋2-1-10松宮ビル6F
06-6213-6668

■チャージ 1500円(1ドリンク付き)

■出演

・Area 40

・新田 イチロー

そして、僕たちはオープニングを務めさせていただきます!

 このイベントは、NPO法人「小児がん患児支援 エスビューロー」様にわずかでも寄付をさせていただくことが出来るようにという気持ちを心の片隅に秘めて行うチャリティライブです。

 幼いお子様を、小児がんで亡くされた、Jやんの高校の同級生の方が代表となり、小児がんと闘っている人たちの応援をされているそうです。
 
 もちろん力のない僕たちですので、何もしてあげることは出来ませんが、好きなライブをすることで、ほんの少しでも喜んでいただけるなら、そんな嬉しいことはありません。

 僕自身、久しぶりのライブで気合も入っております。出来るだけ多くの方の御来場をお待ちしております!!

2010年03月07日 01時 更新
◇いつまで出来るか、解りませんが

ライブに向けて、リハを終えました。

 Jやんとアヤネスを迎え、いい感じで出来ました。

 そのあと、フィービーで、プチ「Jやん起業祝い」パーティーということで、乾杯!!

 なんと嬉しい事が重なって、とても良い気分です。

 大阪の『ビル ペイン』と『アリソン クラウス』か加入したことで、益々張り切ってやっていきます。

2010年03月04日 21時 更新
◇祝 起業 Jやん!

 この3月1日、Jやんが独立、会社を設立されました。

 おめでとうございます!!!

 office KFA (Key Factor Agent)

 カッコイイ社名です。
 
 やりました、ほんまに頑張っています!

 なにか力になれたらいいけれど、マジでそう思います。

2010年02月27日 22時 更新
◇此処にあったん 難波屋

 あいりん地区のど真ん中、『難波屋』に行って来ました。

 ながい よう さんと 平 光成 さんを聴きくために。

 ここはたけぞうさんの職場の近くで、僕も昔から縁のある知り合いのしている食堂や食料品店(自称スーパーマーケット)のごくごく近所でした。あまり暗くなってからは立ち寄らない場所ですから、まったく今までこんなところでライブをしているなんて想像もしていませんでした。

 生ビールを注文し、代金を払う時、てっきり550円と聴き間違えてしまい、600円払ったら、350円返してくれました。なんと250円ということ! しかもチャージは無く、投げ銭。

 雨の中、仕事を終えて急いで駆けつけましたが、開演時間には間にあいませんでした。でも、あのラストライブ「時は過ぎて」から、いろいろ唄ってくれましたし充分満足できました。

 MCで、ようさんは、
 『去年、松江で大塚ちゃんとライブしたんです。やっぱり、唄うまいね〜大塚ちゃんは、そう思いましたわ』
 とか言ってはりました。

 でも僕にはこのところ、「ディラン セカンド」唄ったら、どちらかというと、ようさんのほうが良いと思います。けっして今、大塚まさじさんが嫌いになったわけではありません。しかし昔の、というか「遠い昔僕は」が頂点だったまさじさんは、カッコ良過ぎてどうしようもないので・・・

 9時にライブは終了し、一言ふたこと、ようさんに挨拶してからそのあと、開店5周年で頑張っている佐藤くんの「フィービー」へ行って、地下鉄御堂筋線の最終に間に合うギリギリまで、楽しいひと時を過ごしました。

2010年02月22日 00時 更新
◇大集合青春のフォークソング

土曜の夜9時からNHKBSでの、おそろしく真冬にぴったりのタイトルのこの番組、他にもうちょっとましなタイトル付けられないかと、うちもお金払ってるからいわせてもらうけど(笑)
 もう、べつにええけど。BBCならこんなにダサ無いと思うで。

 あの大塚まさじさんが出演するということをMIXIで知り、観ていました。
 
 まさじさんの唄う『プカプカ』には、あえてふれませんが、早川義夫さんが唄ってくれた彼の代表曲『サルビアの花』はさすがに良かったです。

 やっぱり、充電期間が永くあったせいなのかは解りませんが、多分それは大きいと思います。この人は非常に聴き手に訴える唄をうたえるシンガーです。唄は上手くないけれど、また大阪へ来たらぜひ観に行きたいなぁ〜と思いました。

 せれと、古井戸の『ポスターカラー』
 これも懐かしいと同時に、とても新鮮に感じました。
 
  「紅茶にしま〜〜すか? ミルクはどうしますか」
                   
      本当にええ感じでした。

 次に感動したのは、佐渡山豊さん。
かれもバリバリ現役なのが解るステージで、伝わるものが沢山ありました。最近では頭脳警察の石井さんやチャボさんたちとバンドをやられているそうですね、ライブが観たくなりました。

 あとはあまり興味をそそるものもない感じでしたが、「フィービー」で御一緒させてもらったことのある、佐久間順平さんのバイオリィンとか、河合徹三さんのベースとかは、真剣に観ていました。
 後半は想像したとおりの展開で、まあ期待するほうが間違いなのかもしれませんが・・・でも最後のほうの海援隊や泉谷さんも頑張っていて、それなりに良かったです。

 この日は関西からの大塚さんと杉田さん潤子さんよりも関東の古井戸、早川さんそして沖縄の
佐渡山さんたちのほうが、僕には数段良かったです。

2014年06月24日 23時 更新
◇第8回リトル・バイ・リトル チャリティーライブ 無事に終了!

6月21日 大盛況でした〜
ロウガンズ 初登場 盛り上がりました!
各バンド 凄まじい気合いの入りようで僕も力が入りました。
翌日、集まった募金をカウントしたら なんと12万円を超えてました。
Jやん、ヨカッタですね〜ご苦労様でした!

2014年05月05日 19時 更新
◇GWの翌週 5月10日(土) アコスティックライブです~

タケソン くまやん テッセイ 
のお誘いを受けまして神戸の六甲道のサトルさんのお店で唄わせていただきます〜!

初めてのお店、楽しみです♪

2010年02月01日 22時 更新
◇雨・京都・美術館・渋滞

昨日は珍しく、家族で車で京都まで行きました。
 長女の大学の卒展を観に、平安神宮のすぐそばにある、京都市立美術館まで。
 卒業する4年生と院生の作品数百点が展示されていて、大作から笑える作品や実用的な家電メーカーに売り込んでいるような作品などいろいろあり、まあゆっくり見ていたら半日はかかるような気がしました。
 僕は建築課の作品が面白く感じました。近未来の都市計画みたいなやつとか、永遠とテーマでしょうけれど、どれも自分の娘と同世代の若者の作品ばかりというところが興味深くて考えさせられたりしました。
 娘の作品は、前に個展とかしたときにも観ていたので、なんの感想も新たには無かったのですが、その前にしばらくの間立っていると、娘の作品を観ている知らない人の感想に耳を傾けたり、リアクションをみたりするのが楽しかったです。これも親バカ以外のなにものでもないです。
 予想以上に就職難な昨今というわけで、内定が取れていない学生が沢山いてるらしいのですが、このような立派な卒展に出展できて、本当に多くの人に観てもらえるということはみんなにとっては間違いなくプラスなことだと思います。世間の荒波に飛び込む前に大人がくれた、御褒美みたいなものやね。大事にしないとあきませんよ、高い学費を払って、週に何日も休んで、家の手伝いなんか全くせず、朝まで部屋の電気も消さず、風呂もすぐに入ったらええのに種火つけっぱなしで長時間ほったらかしで、やっと4月から働いてくれると思うとほーっとします。娘聞いてんのか〜ほんまに!
 この日は一日中雨が降り、京都の街は綺麗だったのですが、どこも車が混んでいて
、名神京都南インターに着くまでユウに一時間半もかかり、茨木までもノロノロ運転で、仲間のライブが四ツ橋のビートルズであり、観に行くつもりだったのですが着いたらもうラストの曲でした。まあしかたがないですね、家族のことは優先にしとくほうがいいのでね。
 でも一月早かったですね〜俺だけかな?
 

2014年04月26日 23時 更新
◇5gatu

2014年03月29日 01時 更新
◇2014,始動は新装 難波屋!

遅くなりましたが「ローレルバンド」としての初ライブは6月7日の難波屋が決定しております!

半年ぶりなので、内容の濃いライブにしたいと思います!

2014年03月07日 00時 更新
◇3月8日

ローレル 弾き語りライブです~!
萩之茶屋 『オールドグラフティ』
川人さんがギターでサポートしてくださいます。

ローレルバンドはもう少し暖かくなってからです〜! 

2014年01月03日 00時 更新
◇謹賀新年!!!

皆様 明けましておめでとうございます〜♪♪

ローレルバンド 飛躍の年にしたいですね!

今年も宜しくお願いします!!

2013年12月31日 17時 更新
◇2013,総括

後6時間で年が替わります。

今年は明らかにライブの本数が ローレルバンドよりローレル奥山ソロでの出演のほうが増えてきました。特に後半では。

来年も出来れば月に3本ほどのライブをしていきたいと考えております!もちろんバンドも含めてデス。

毎年、CD製作の意欲だけ語っておりますが、来年こそはと真剣に思っております、皆様、ご協力を宜しくお願い申しあげます!!

今年もたくさんの方がライブに足を運んで下さいました。誠に感謝の気持でいっぱいです。
全く総括になってはおりませんが、来年も宜しくお願い申し上げます。

良いお年をーーー♪♪

2013年12月06日 01時 更新
◇新曲〜〜〜!

久しぶりに創りました。

タイトルは「オブラート」

前々からテーマにしたかったのですが、歌詞がほぼ完成しました〜〜〜乞うご期待!

2013年12月06日 01時 更新
◇sinnkyoku

2013年11月06日 21時 更新
◇第9回ロック食堂祭り終了〜!

ヨノスケ&HBやまんにゃわ素さん、中川五郎さんたちと楽しい時間を共有することが出来ました。とても良いライブだったと思います。今月、バンドとしてのライブはこの日だけで後はソロになります。
まずは21日(木)ザ・あべのロック食堂での芳賀まさひろ生音ライブにゲストとして平光成さんと一緒に出させて頂きます。
そして23日(土)には2度めの難波屋でのライブです。悪巧みユニットさんと一緒です。
それから、28日(木)はニュー楽楽堂でモーリーさんや、博多からのSSWピー様たちと4人で出演させて頂きます。
楽楽堂が1番緊張するかもデス〜!

どこかでお会いしましょう!!

2013年11月01日 23時 更新
◇ライブが続きます!

明日は、ザ・ロック食堂祭りデス〜!
セッシートモさんが参加してくれるということでり楽しみが増しました。
ローレルバンド、20時ころに出演予定です。宜しくお願いします!!

2013年10月06日 00時 更新
◇10月のライブ第一弾はソロ

まずは14日(月)祝日ですね〜あべのロック食堂で芳賀まさひろ君とのライブです!
マー坊とはもう3回めになります。僕の曲もすっかり覚えてくれていて、今回はリハもバッチリで期待できます。
彼の曲には僕がスライドギターでサポートさせてもらいます。コレも気合入ります。ボトルネック名手のマー坊のバックですから〜!
頑張るぞ(汗)

2013年09月18日 01時 更新
◇華っぱしら 最高でした!

台風の日曜日にも関わらずたくさんの人がベガーズバンケットに集まって下さいました!
エリア40のつーさんに声をかけていただいて、素晴らしいライブに参加させてもらう事が出来ました=!
ゲストでブルースハープのネコハチさん、ギターの石崎正人さん、そして有山さんが参加してくださった、凄く豪華なセッションもあり、暴風雨にも負けずに来てくださったお客様もきっと満足してくださったことだと思います!
ローレルバンドもJやんとアヤネスの参加でとっても熱いライブが披露出来たのでは無いかと考えています〜〜〜!

次は9.23(秋分の日)  オレオニデス〜宜しく!

2013年09月12日 22時 更新
◇9・15 ベガーズヴァンケッドは~!

頼れるギターの嶋田さんが来れません(泣)
然しながら埼玉にいるJやんとアヤネスが参加してくれることになりました!!

セットリストを詰めているところですが、全員で5曲くらいは演りたいと考えています。

楽しみになってきました〜乞うご期待!

2013年08月31日 00時 更新
◇8月も終わります

ちょっと涼しくなったと思いきや、今日の午前中はかなりあつかったです。
明日からは又朝早起きして仕事に精出します。気が重いです〜!
9月はライブが多く入っていて楽しみです。新曲はまだ先になりそうです。題名以外まだ全然進んでいない現状。ライブの練習に励もう!!!
9.15は藤井裕、中野新哉さんと、つーさんとのライブです〜!ベガーズ2度めになります。
宜しくです〜!

2013年08月08日 22時 更新
◇あべのロック食堂 夏の陣@ニュー楽楽堂

ローレルバンドとしての楽楽堂初出演は、ギターの嶋田さん抜きで不安でしたが、かなり良い感じのPerformanceであったのではないでしょうか。。。。。
お手伝いして下さいましたサックスの村地博さん、自分で言うのもヘンですがローレル作品にはバッチリハマるような気がします。終演後、「又、機会があれば演るから声をかけて!」とうれしいお言葉を頂きました。

村地さん、本当に有難う御座いました!!

さあ、9月はライブが3本。頑張りマス!!

2013年08月01日 00時 更新
◇ライブが続きます!

7月最終日曜日、南船場のベガーズヴァンケッド、初めて出させてもらいました。
川人さんにお誘いを受けて、ちょっとアウェイな感じがして不安ではあったのですが、終ってみれば充分に満足できるPerformanceであったように思います。
本当にお店もオーディエンスも素晴らしくて良い汗をいっぱいかくことが出来ました。

そして次は、8月の第一土曜日、ニュー楽々堂でのザロック食堂夏の陣です。砂川さんにドクトルミキさん、ボッサトレスさんに店主のバンド 頭脳消防 5つの共演でして、なんとトリがうちになります。ちゃんと先日、砂川香織師匠の還暦のお祝いパーティーに出させていただいた際にトリの理由(コバ氏の仕事の都合)を弁解させてもらいましたが、、、、、
頑張りましょう〜嶋田さん不在のぶん、なんと村地博さんがお手伝いしてくださることが決定いたしましたし。
楽しみが増えました!

2013年07月12日 22時 更新
◇連日ライブでした〜!

7月7日はロック食堂恒例 ゾロ目の日のローレルライブでした。
今回で3度めになる「風酔」さんとの対バン。各ライブハウスで知り合いのライブも多い中、予想以上の盛況ぶりで嬉しかったです。

コバチャン抜きでの初ライブ、さすがに準備不足なカンが否めなかったですね〜(苦笑)

それに前日の6日の土曜日は、あの「難波屋」でローレル&川人さんでの初ライブを体験してきました。
非常にアウェイな雰囲気の中でしたが川人さんのお陰で気持ち良く唄うことが出来ました! マアマア真剣に聴き入ってくれているのが伝わり、少しは自信が付いた感じがします。

次は、7・28 ベガーズバンケット 8・3 ニュー楽楽堂 頑張ろう!!

2013年06月30日 16時 更新
◇また良いライブ、観ました〜!

昨晩、パイレーツカヌーの女子トリオバージョンのライブを日本橋のカレー喫茶39で観てまいりました!

G&Vのレイカちゃんのお父さんはこの日も来られてましたが、米カントリーシンガー、だからってことは無いでしょうが、彼女達の奏でる唄も演奏もルーツミュージック大好きな僕にはたまりません(*^^*)

サラちゃんのマンドリンもファルセットブォイスも気持ち良くってMCも最高でした。

フィドルの欅ちゃん、アィリッシュのインスト、バッキングではオブリにワンノートのロングトーン、コーラスも全て素晴らしい〜‼

大盛況に終わった北米ツアーの音源も買わせていただきました‼ DVDのオマケ付きでした(^.^)

2013年06月12日 23時 更新
◇LBLチャリティVol7終了!

今回のライブ、Jやん、アヤネスの2人が参加してくれて、嶋田さん加入後のフルメンバーでの初ライブとなりました。
忙しい中、みんな頑張ってくれたと思います。
次回は七夕のロック食堂です。小林さんが来れないので、半分アコギで唄おうかと考えています。

2013年05月28日 23時 更新
◇さあ〜今週末 土曜日です!

第7回 リトル・バイ・リトル チャリティーライブ@天満橋ロウトラックス!

今回は1年以上空きましたが、参加ミュージシャンも増えて大盛況に終えることが出来そうな予感がします。

我がローレルバンドは史上最多メンバー数、6人のフルメンバーで臨みます。

去年夏にエスビューローさんのイベントに参加させていただいて、本当に貴重な体験が出来たと後々実感致しました。

そして、今回のライブ。エリフオウ、つーさんの復帰もあります。より記憶に残るLBLチャリティライブになることとおもいます。


本当に沢山の方々に支えられている素晴らしいイベントです。

皆さんのご来場をお待ちしております!!

2009年12月27日 14時 更新
◇うたいたい唄うたい

人生50年も生きてきたら、あとどれくらいの曲を創れるか、あとどれくらい唄えるか、あと何回ライブできるか、あとどれくらいの人に聴いてもらえるか・・・
 そんなことばかり考えたりしてるんですが、仕事、子育て、年老いてく親の世話、社会人としての付き合い等など、やっぱりなにをするにせよ手を抜くなって思います。
 唄はへたくそでもその姿勢がいちばん大切なんだということ、近頃そう考えるようになってきて、なんか唄うことが楽しくなってきたんです。
 だから子供にも「お父さん、バンドやってるねん」って言われるよりも
「お父さん、唄うたいやねん」って言われるようになりたいというような(あまり意味のないような)心境です。

2009年12月24日 15時 更新
◇WEBサイトOPEN!

ローレル奥山&フレンズ Official Siteを開設しました!

よろしくお願いします。

created by webitem!


最新情報
ライブ・インフォ
プロフィール
BBS
写真
メール
ページ更新

 
<TOPへ戻る>
 
Copyright (C) Jpmusic
All Rights Reserved